昔から興味深いと思っていたこと

世の中には指導者といわれる方たちがいらっしゃいます。教師とかコーチとか監督とか宗教の教祖とかいろいろです。おもに年下の人を指導する指導者を想定しています。

で、有名どころのそういう指導者がかなりの割合で自分の教え子と結婚しているんですね。いちおう名前を挙げてしまうと迷惑がかかるので控えますが、驚くほどそういう例が多いです。

ここで断っておきたいのは、わたしはそういう指導者の方たちを非難する意図はないということです。ただ、すごく興味深いとは昔から思ってきました。

釈迦が断言、「煩悩に屈するぐらいなら我は勇ましく戦って死ぬ、このさい生死は問題ではない」

タイトルのようなことをスッタニパータかダンマパダで読みました。

まぁ、釈尊は自分の中の煩悩の存在に気づき、戦いを挑んで勝利したので仏陀になりました。で、こんどは他人にも煩悩と戦えとけしかけたわけです。

自分は自分の王・女王であるということ
自灯明・法灯明
死を前提として輝く生

Wikipediaによるとインフルエンザで毎年地球で29万人から65万人死んでいる

Wikipediaのインフルエンザのエントリをどうぞ

全世界では毎年300万人から500万人が重症化し、呼吸器系の症状により29万人から65万人の死者を出している[1]。先進国における死者は65歳以上が最も多い[1]。また病欠・生産性低下といった社会的コストも大きい[1]感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主といわれている。抗インフルエンザ薬としてタミフルリレンザイナビルゾフルーザなどが存在するものの、ウイルスはすぐに耐性を獲得するため[1]、その効果も備蓄するに値するかどうかが見直されてきた[4]

Wikipedia インフルエンザ

いっぽう今回の新型コロナウィルスは…

「数百万人が死亡する可能性も」 WHO事務局長が指摘

【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は26日、20カ国・地域(G20)が開催したテレビ会議形式の首脳会議で、新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的大流行)は非常に急激なペースで加速している」と危機感をあらわにした。「すべての国で積極的な行動がなければ、数百万人が死亡する可能性がある」とし、感染拡大を抑止する対策を強化するよう各国に呼びかけた。

@nifty ニュース