ワクチンは危険??

まず断っておかなくてはならないのは、当然と言えば当然なんですがわたしはワクチンとかそういうものの危険性を評価するような教育は一切受けておりませんし、なんらかのデータから統計的な判断を下したりということもシロウトです。あくまで一般ピープルとしての素朴な感想です。

という逃げを打っておいて…(笑)

わたしがおもにネットの陰謀論関係の動画で、ワクチンが危険という主張をしているモノを見た限り、何か変なモノが入っているという主張が目につきました。(こんかいはワクチンに入っている物質に焦点を絞ります)

・人間の胎児の細胞

・蛾の幼虫だか成虫の細胞

・水銀

・ペット動物の不妊化に使う物質

こんなのが入っているという主張でしょうか。で、ここではこれらがすべて一般的にワクチンに入っていると仮定します。

ここで、人間の胎児とか蛾の細胞がモンダイになるとしたら、人体への危険性なのではないでしょうか。法的に問題がなく、そういうモノを入れる必然性があってそうしているとしたら、キモチワルイとかそういう感情面でのことはとりあえず置くとして、その毒性があるとすればそれがどれくらいなのかということが問題点として突き詰める場所ではないでしょうか。

そして水銀ですが、これは明らかにシロウトの私にも毒物として見えます。まず水銀をワクチンに入れる(入ってしまう)必然性があるのかという疑問があります。次にどうしても入ってしまうとしたら、どれくらいの量の水銀なら有害なのかというこの点が重要ではないでしょうか。たとえば、醤油や水でも何十リットルも飲めばたぶん死にます。水銀が人体に有害になるほど含まれているのかとかの検証が必要でしょう。

最後にペットとして飼う動物を不妊にするために使う物質ですが、これはそもそもなんでそんなモノを入れているのかとか、これについては何か合理的な説明はなされていないのかなと思います。ただ一般にヤバいとされている物質が限定された状況では”薬”として機能するということもありえるのでちょっとわからんなぁという…(わたしの母は多発性骨髄腫の治療薬として(妊婦の胎児に催奇性がある)サリドマイドを使用していました)

ただ、フワッとした感じでワクチンビジネスはもうかりそうだなぁという感覚はあります。

あと、ワクチンビジネスに大いに関与しているビル・ゲイツさんが、「自分の子供たちにはワクチンは必要ない」って言ったという噂を聞いたのですが、もしそれが本当なら答えはでとるがなという…

ワクチン(独: Vakzin、英: vaccine)は、感染症の予防に用いる医薬品。病原体から作られた無毒化あるいは弱毒化された抗原を投与することで、体内の病原体に対する抗体産生を促し、感染症に対する免疫を獲得する。

18世紀末、一度罹患したら再び罹患しない事実からエドワード・ジェンナー天然痘のワクチンを発見し、その後にルイ・パスツールがこれを弱毒化した。弱毒生ワクチン、あるいは生ワクチンと呼ばれる。これに対して、不活化ワクチンは抗原のみを培養したもので、複数回の摂取が必要となったりする。

Wikipedia ワクチン

人工地震はすでに存在する単なる事象(テクノロジー)

人工地震は、人工的な発破などにより発生する。一方、通常の地震動を発生させる地震のことを、自然地震と呼ぶことがある[1]

土木工事などに使われる発破は、地震波を発生させるため、しばしば自然地震と誤認される。ただし地震波には、P波に比べてS波が小さい、表面波が卓越する、すべての観測点でP波初動が押し波となる、P波の波形が単純で立ち上がりが比較的鋭い、震源の深さがほぼ0であるなどの特徴があり、自然地震による地震動との判別は可能である。核爆発によるものも代表的な人工地震のひとつであり、大規模な地震動となった例もある(後述)。こちらも地震波に前述と同じ特徴があるため、識別及び感知が可能であり、地震計による核実験の監視に活用されている[2]。また、自然地震との判別が可能なことを利用して地殻や上部マントルの構造を研究する爆破地震学(制御震源地震学)がある。人工地震による地殻構造の解析は震央・震源時が正確に分かり、地震が発生しない地域でも研究が可能という利点がある。一方で発生する地震波の振幅が小さいなどの欠点も存在する。

Wikipedia 人工地震

つまり、たとえば、どっか地面に核爆弾を置いて爆発させれば、その爆発によって地面が振動します、つまり地震です。そういう人工的に起こした地震を人工地震と呼びますよということですね。”人工地震”というものがアルかナイかといえばアルし、すでに利用されているごくごくフツウの事象であると。


日本の国会で、国会議員のセンセイが”軍事的にはごくごく当たり前の技術”みたいなことを言っている動画を見たことがあります。

現時点で兵器として使えるほどテクノロジーが進んでいるのかどうかはわたしはわかりませんが、もしまだなら兵器として使うべく研究はたぶんされているだろうという個人的な感覚は持っています。

「人工地震や気象兵器は存在する」「噴火や地震は米国の仕業か?」元国会議員・国際政治経済学者の浜田和幸が断言!(インタビュー)

国際政治経済学者として活躍する浜田和幸氏は、参議院議員時代から気象兵器や人工地震などの知られざる“真実”を暴き、社会に発信し続けてきた日本を代表する有識者である。かつて全米一といわれるシンクタンク(CSIS)に主任研究員として在籍した際に入手したという世界のウラ情報はもちろん、地球外知的生命やUFOなどの情報にも造詣が深い。

TOCANA 浜田和幸インタビュー

ダボス会議:グレート・リセット

世界経済フォーラム(WEF)は3日、2021年1月に開催する年次総会(ダボス会議)のテーマを「グレート・リセット」にすると発表した。世界的な新型コロナウイルスの感染が広がるなか、資本主義を軸とする既存の体制には不備も目立つ。

日本経済新聞: 資本主義の「リセット」議論を WEFシュワブ氏 21年のダボス会議テーマに

世界のリーダーによる経済会議(いわゆるダボス会議)の2021年の議題が「グレート・リセット」だそうで、”どんな具合に”リセットされるのか興味津々です。