(バーチャルで)釣りをしているとなごむ

姉がちょっと旅行に行ったので、わたし独りで母のお世話をさせてもらっています。

最近の母は認知症からくるロックな言動が目立つので、樹木希林さんがたぶん旦那さんを”ユウヤ”と呼んでいたのと同じ感じで、私と姉は母のことを”アケミ”とか”アケミちゃん”と呼んでいるんですが、いや~久しぶりに独りでお世話したらやっぱり精神的な負担がハンパないっすね…

そのときココロに引っかかる、あるひとつのことへのコダワリがつよくなるとか、あと短期記憶がすごく衰えてしまっているので、まったく同じことをずっと繰り返すとか…

わたしはわたしで神経系の持病があって、極度に精神的に疲れやすいという側面もありますけど、ほんと自分の親をちゃんとお世話するってタイヘンだなという…

という一日が終わって、黒い砂漠モバイルというゲームを立ち上げて、まったり釣りをしているとスゴクこころがなごみます…(ゲーム内で釣りイベントをちょうどやってて、ゲーム内通貨も儲かるし(笑))

バーチャル・ペット

Youtubeチャンネルのmugumogu というところで、ネコの生活動画が多くアップロードされているのですが、認知症の母に視聴させたところいたくお気に入りの様子でした。

こういう猫がくつろいだり遊んだりの生活風景は昔なら自分でペットとして飼わないとみることが難しかったですが、いまはリビングの大きめのテレビでずっと流していると、ちょっとしたバーチャル・ペットとといった感覚です。

母はどうやらリゾート地の映像とかより生き物に反応するっぽいので、犬の動画とかも見せてあげようと思っています。

異常な精神的疲労

いま母が入院していて、実際ならすこし精神的に楽になるはずなんですが、病院に見舞いに行く度に異常な疲れを感じるようになりました。

たぶん私は病院の雰囲気みたいなのが合わないと思うのですが、おとといは呼吸が荒くなるほどの疲労を感じて、母との会話もそこそこに帰ってきてしまいました。

感情的に悲しいとか怒りとかいっさいなく平常心なのですが、疲労で首筋がシビれるような感じになって、呼吸もあらくなります。

まぁ、まいったなと…姉が実家にもどってくれたのでなんとかなってますが、姉がいなかったら母には施設に入ってもらうことになったかもしれません。

疲労がとれればいつも通りのハッピーヘラヘラ野郎になるんですが、どうしたものかと…

まぁ、介護しているほかの方とかも同じような苦労をしているのだろうなと、同病相憐れむ的な…