暴力(混沌・カオス)に対抗するモノとしての武力(秩序・オーダー)

まぁ、われわれが3次元のこの世にとりあえず存在する以上、物理的な暴力には物理的な武力で対抗するほかないでしょうという結論です。

ガンジーは一発芸
釈迦もダンプカーでど~んとはねれば死ぬ問題
神、儒、仏の習合としての武士道

国家にも武士道精神を

 悪魔勢力に操られていたGHQは、戦後の日本において、「道」と名のつくものすべてが対象となる「武道禁止令」を出しました。ですから剣道まで全面的に禁止されたのです。そんな中、笹森(ささもり)順造(じゅんぞう)と言う国会議員が、剣道を復活させようとGHQと交渉を重ねました。彼自身も剣術家であり、彼はGHQに掛け合い、「剣道は人を殺すことを目的に技を磨くのではなく、その最終目的は、人と人がお互い戦わなくても済むように剣を置くことだ。剣道とは日本の精神的、歴史的な文化である」と説きました。すなわち笹森氏は「剣道とは武道であり、武道とは活人剣である」と説いたわけです。

 しかしGHQはこの申し出を聞き入れず、遂には、「では、実際に試合をして、お前の言っていることを証明して見せろ」と言ってきました。つまり「試合してみせて、本当に剣道が人殺しの道具ではなく、平和の道具であるその証明を見せろ」というわけです。

 そしてGHQは、米海兵隊の中で最強の男を選び出して、日本人との試合を提案しました。しかし米兵は本物の銃剣を使い、対戦相手の日本人を殺しても構わないが、しかし日本人は木刀を使い、防具も着けさせない、「剣道が活人剣であることを証明しろ」と、何とも酷い条件を突きつけてきました。

 しかし笹森氏は、このGHQの条件を潔く受け入れて、そして國井善弥(くにいぜんや)という一人の侍を選びました。國井善弥は、鹿島神流の十八代の宗家です。鹿島神流とは茨城県の鹿島神社に古くから伝わる古武術流派であり、彼は「今武蔵」とまで呼ばれていました。

 そして侍と米兵との間で、日米の誇りをかけた戦いが行われました。体格の大きな米兵は本物の銃剣を手にし、國井は木刀を手にして対峙しました。米兵は殺気に満ちていたそうですが、一方の國井はいたって冷静で、静けささえ漂っていたと言います。

 國井が礼をして、木刀を中段に構えようとした、その次の瞬間、米兵は銃剣を國井の喉元目がけて突きだしてきました。しかし國井は半歩下がってこの攻撃を見事にかわしました。すると米兵は、そのまま突進を続けなが210ら銃剣を回転させて、國井の側頭部を銃剣の底で打とうとしました。屈強な米兵による重く硬い銃底での即頭部の殴打、もしもこれが当たれば即死です。

 しかし次の瞬間、國井は半歩前進して、この銃底の攻撃をまた見事にかわしました。すると今度は逆に、突き進む米兵の後頭部に柔らかく木刀を当てて、そのまま突進する米兵の力を上手く利用して、相手を床に押し倒してしまいました。殺気立つ米兵は、四つん這いになって床に手をつきました。さらに冷静な國井は、そのまま米兵の後頭部を木刀で柔らかく押さえました。四つん這いになった状態で、上から頭を体の内側に向けて押さえつけられると、人間は身動きができません。

 「勝負あった!」の声がかかりました。すべてが一瞬の出来事でした。國井善弥という侍は圧倒的な実力差で、一切相手と剣先を合わすことも、相手を傷つけることもなく、見事に海兵隊最強の米兵を制してみせたのです。すなわち彼は本当に、「剣道は人殺しの道具ではなく、平和の道具であり、活人剣を目的する」ということを証明してみせたわけです。この事実は、GHQ内部に衝撃を与えました。これがきっかけで、「武道禁止令」が解除になった、と言われています。

 しかし戦後の七十年の様々な洗脳工作によって、武士道は解体されてしまいました。その結果として、「日本人が暴力と武力の違いが分からなくなった」という悲劇があります。「暴力」とは、何も生み出すことのない破壊の力であり、憎むべき悪であり、何としてでも拒否していくべきものです。しかし「暴力反対!」とか、「暴力が嫌いだ!」とか、「平和が大切だ!平和を求めよ!」と、いくら声高に叫んだところで、理想だけでは暴力は無くなりません。やはり現実には警察が必要であり、そして世界は未だに戦国時代の様相があります。

 ですから「暴力」を抑止し、拒否するためには「武力」が必要です。そして「武力」とは、「武」という文字が、「戈ほこ(矛)を止める」と表記するように、そして「戈」とは、古代の中国で使われた戦争の道具であるように、「戈を止める」とはすなわち、「暴力を止める」ということに他ならないわけです。

 つまり真の剣道・武道の極意が、「人を生かす剣」、「活人剣」であるように、武士道および武道の中で得られる「武力」とは、その憎むべき「暴力」を抑え、平和を守って人を生かすための力のことを言うわけです。

 合気道の達人である塩田剛三という武道家は、弟子に合気道の極意とは何かと訊かれて、「合気道の極意とは、自分を殺しに来た人間と友達になることである」と述べています。また合気道には試合さえ存在しませんが、その合気道開祖の植芝盛平という方は、「合気とは愛気であり、宇宙と調和することが大切である」といったことも述べています。すなわち「暴力」というものが破壊する力であるのに対して、「武力」とは調和の力なわけです。そして武道とは、そうした調和の力を磨くために、心技体を鍛錬するものなわけです。

 包丁が人を殺める道具にもなれば、料理を作ることで人を生かす道具にもなるために、包丁そのものは価値中立であるにも関わらず、しかし戦後の日本は、武士道および武道が廃れたことで、結果的には「包丁は悪である」といった結論を導き出してきました。

 単純に言って、武器商人でもある悪魔勢力に動かされるアメリカが、世界の指導国であり、米国に続く中国が暴力的であるために、未だに世界は核兵器をはじめとする軍事力に基づいて動いているのです。ですから日本が繁栄の扉を開き、日本がアメリカを超える指導国になれば、世界はより美しくなると言えるでしょう

一般社団法人武士道コロナから世界維新へ
与国秀行さんを応援しています
武士道と縄文はいまわたしのキーワードです

身の危険を感じた時に武術は使えるのか?(そもそも叫べるか)

ヨガでもトラだかなんだかのポーズで、デカい声を出すものがあるんですが、初めてのときは、”大声を出す”こと自体がタイヘンでした。

対人恐怖症のひとへ

上記ビデオで 中国武術の宮平保先生のおっしゃっていることが理にかなっていて、すごい先生だなと思いました。

カンフーの達人

カンフーの達人

宮平 保(みやひら たもつ、1964年3月25日 – )。沖縄県浦添市出身の中国武術家。 天行健中国武術館館長。外国人としては初となる中国の体育学院武術専攻(在籍は研究生部)を卒業した公認指導者でもある。また第11回アジア競技大会科学大会(1990 BEIJIN ASIAN GAMES SCIENTIFIC CONGRESS・中国北京で開催、世界24カ国より参加)に日本代表の一人として出席し、論文《中国武術和日本武道的淵源》を発表。 1984年に中国湖北省武漢体育学院に5年間武術留学し、温敬銘教授、劉玉華教授より実技と理論の指導を受け、帰国後、空手の本場・沖縄の地を中心に1990年から中国武術を指導。 空手関係者、県内外、海外の武道格闘技関係者(居合フルコンタクトカラテetc.)との交流も多く、中国武術を指導する。[1]

Wikipedia 宮平保

宮平保先生はたぶんホンモノなのでしょう。

わたしの願いは、各分野(たとえば宗教とか)にホンモノが実際にいてほしいというものです。

ニセモノっていうのはホンモノがいるから成立するんであって、ホンモノがいないならその分野自体が茶番ということになってしまうからです。

仏教はほんらい”強い”はず

仏教はこころの合気道

評論家の呉智英さんが、釈迦を評して”非凡なエゴイスト”としていました。

わたしも若いころ自分のどうしようもない我の強さや濃さになやまされていました。

その我の強さでなにかとんでもない悪をやる恐れとかを感じていました(実際、中学あたりまで、頭の良い、こズルいクソ悪ガキだったわけですから、まぁ、環境が悪かったです)。

そういう強い我をコントロールして、社会にプレゼンタブルなものにするタガとして仏教は非常に有効だし、そういう意味で、仏教というと世間がイメージするまろやかな人格とは隔絶した、ある種”強い人”が仏教からでてきてもおかしくないはずです。(合気道の開祖 植芝盛平翁がめざした”至誠の人”です)

そういう強い人が社会的なリーダーとしてみなに進むべきヴィジョンを示すこともあるはずだし、じっさい私は期待しています。

ダークソウル3: 信じることの不可思議な力

格闘技システマの指導者(元傭兵か軍人)の言葉だったと思うのですが、信仰がある傭兵のほうが体感では生存率が高かったということを聞いたことがあります。

その信じる力の不思議さは私も最近体験していて、まぁ、たんなるコンピュータ・ゲーム攻略での話にまでいっきに格が落ちますが(笑)。

Darksouls3というゲームを去年プレイしていました。アクションRPGでプレイヤーは死んで攻略法を見つけていくという”死にゲー”と言われるジャンルの本流の作品です。

で、私も何度も死にながら、どうにかこうにかゲームを進めていったのですが、どうしても、ラスボスのひとつ前のボス(兄弟二人を倒さなければならない)が倒せない。

ここで、私の基本信念は”ロールプレイングゲーム(RPG)の敵はこちらのキャラのレベルを十分上げていればいずれ勝てる”です。これはゲーマーとしてコンピュータRPGをプレイしてきたことからくる信念です。

でも、はっきりいって10レベルくらい上げたって、自分のキャラクターは数値的にはそんなに強くなっているとは思えないんですね。

とはいえ、この”レベルを上げることによるキャラの強化”を信じてコツコツレベルを上げるわけです。その間に何度も当該ボスにもチャレンジして討ち死にしています。

ここらへんで、試行錯誤が発生して、Youtubeで当該ボスの撃破動画を検索して参考にしたりしだします。

私のキャラクターは重装甲で防御し、巨大な両手斧の大ダメージを、殴られながら叩き込んでいくという、たこ八郎師匠のボクシング現役時代のような戦法でした。

今でも面白い現象だと思うのは、魔法使い系のキャラクターによる攻略動画で、布の服を着て一撃もくらわずにそのボス敵を倒している人のものを見たとき、”自分もできそう”と思ったんですね。

”なるほど、一撃も食らわないんだから鎧を着たりする必要もないのか”

と考えて、乞食みたいな恰好をして回避性能を上げてプレイしだして数十回当該ボスに挑んで、あと3発攻撃を当てれば倒せていたというところまでいきました。

“できそう”と思って信じて練習していると実際にできる方向に物事がすすんでいくこの感じは面白いなとおもいます。

結局、最終的には、普通の人がレベル80前後で攻略するところを私のキャラクターはレベル130くらいにまでなっていて、装備は中程度の防御と巨大両手斧でクリアできました。


「DARK SOULS」(ダークソウル)で死なないための5か条

合気道の有用性

軍隊の兵士が習う格闘術、特に特殊部隊の兵士などは、基本的にチャンスがあれば、一撃で敵を殺すことを考えるそうです。

急所をつければ一撃でそこをついて殺すそうです。なぜなら、その一瞬のチャンスを逃せば今度は自分が殺されるかもしれないからです。

ただ、我々が暮らす、市民社会では、夜道で、痴漢やひったくりにあったとしても、その度に相手を殺しては、過剰防衛の非難を免れません。殺さなくたって、急所を壊して不具にしたら、訴えられかねません。

そういう意味で、合気道の技により、お互いに致命傷を負うことなく相手を制圧する技術は、我々市民には意味があると私は考えます。

でも、基本逃げるのが一番いいと私は考えます。




合気道祥英会を休会することにしました

ちょっと、このところ仕事が忙しくて心身ともに疲れているなと感じていましたので、鈴木先生に、休会をお願いいたしました。

ただ、いまだに、調子が安定してきたら、合気道を続けるつもりです!




合気道5級ならず!

今日の稽古の見極めで私の技が未熟なため、5級審査は最終的なお許しがでませんでした。

正直、感動しています。

合気道祥英会はぬるくて甘い組織じゃないことがわかって、私自身ほっとするというか、なんか、祥英会の一員であることが誇らしく思えてきました。

合気道に精進します!




合気道5級審査を受けます!!

今日の稽古で道場主の鈴木南美雄先生からお許しがでて、7月12日(日曜日)に合気道5級の審査を受けることになりました。

何をするかというと、(相半身片手どり)四方投げ(表裏)、一教(表裏)、という技と前方回転受け身、後方回転受け身、膝行(ひざであるくこと)の審査を受けます。

スゴイ人であるベテランの高橋さんに審査では相手をしていただくことになりました。

実はまだ日本合気会の会員でもなかったのに、合気道をいままで語っていたわけですね。

受かれば晴れて合気道をやっていますと言えるのかな。

我々祥英会(久里浜合気会)は西尾先生のスタイルをやっているので、剣と杖を使った稽古もするのですが、私は合気道もすきなんですが、剣杖により惹かれています。

合気道家は人体の専門家

合気道の稽古に、毎週日曜日参加できています。

我が祥英会には、いろいろな「すごい人」がやっぱりいます。

私は、「合気道家はある種の人体の専門家なんだな」と最近、思うことが多いです。

どういうことかというと、例えば、私はもともと体が柔らかい方で、その上、最近はヨガをやったりしているので、腕の関節がありえないような曲がり方をしたりします。

それで、稽古で相手が黒帯をとったばかりの方だったりすると、関節の決めが私に効かないことがあります。

私も年相応にずうずしくなっているので、そんなときは、「~さん、正直、痛くないです」と言ったりします。

そうすると、古ツワモノの方が登場となるわけです。
で、その方が私に、「身体の柔らかい人にはこうして…」
私「痛ててててて!!!!」

となるわけです。

前回の稽古でもそういう場面があったのですが、そういう先生たちによると、人体にはそういう身体が柔らかいとか関係なく「効かざるをえない」いわゆるツボのようなものが無数にあって、そういうツボを熟知してらっしゃるらしいです。

恐るべし、合気道!




やっぱり合気道サイコー!

今日は、仕事がオフだったので、合気道の稽古にひさしぶりに出ました。

2か月ぶりの稽古でした。この不良会員を温かく迎えてくださった合気道祥英会のみなさまに感謝感謝です。

やっぱり、合気道サイコーです。

私の理解するところ、合気道は、昔の武士の体術を体系化したものです。
私はそこに失われつつある洗練された美しいものをみいだします。

ぜひ、横須賀近辺の方は、見学 にいらしてください。




いい動画を紹介してもらいました

剣道ですが、合気道にも通じるのであろうなと想像しました。

「勝ちたい」という気持ちを捨てて、無心になることで新境地を切り開いた方のドキュメンタリーです。

こういう修業をしている人がいるというだけでとても励みになりました。

私も合気道に精進します。




合気道ラブ

ヨガのティーチャーコースも無事修了して、いよいよ心は合気道へと向かっています。

ひさしぶりに稽古に行っても、合気道祥英会 のみなさんに、あたたかく迎えていただきました。ありがとうございます!

さて、やはり、合気道の技の進歩は遅いですが、なんとなく、以前よりは頭に入りやすくなってきた気がします。

我々、祥英会は、西尾昭二先生 のいわゆる西尾スタイルの合気道をしています。これは、合気道の本部とは少しだけ違いがあって、そこが悩みの種だったのですが、以前、大枚はたいて買っておいたDVDをじっくり見て勉強しています。

そして、剣の方(刀法居合)は、西尾先生のいい動画を見つけて、それを見て勉強しています。

さて、残るは杖ですが、これがなかなかこれぞという資料をみつけられずに難儀しています。
10月13日追記 斉藤先生のいいビデオをみつけました。

あと疑問におもっていることは、当身(キック&パンチ)の練習はしなくてよいものなのかということです。

こんな感じで、楽しく合気道の修業をさせていただいております。

目指すは5級です!




稽古に行き始めて2か月ほどたって

合気道の稽古に行き始めて2ヶ月ほどたちます。

いまでも稽古で習う技はやはりなかなか難しくて身についたという実感は得られません。

個人的にいま夢中になっているのは、刀法居合と杖の型を覚えることです。杖の31の型はなんとか覚えて、刀法居合は4本目まで覚えられました。現在は木刀を使っていますが、先輩たちのカッコ良さにあこがれて居合刀が欲しいなと思っています。

技のほうで夢中になっているのは、前方回転受け身です。右の受け身は満足できるようになったのですが、左の受け身がまだ肩を打ったりして納得できていません。稽古に公共の体育館を使っているので畳を敷くまで練習できないのが残念です。

合気道について稽古にでたり、調べたりしての感想は、思ったより実戦的というか、やっぱり武術だなということです。スポーツのようにルールがあるわけではなく、一対多を想定していたり、相手が武器を持っているのを想定していたりということです。

また、技の稽古でも、「ここでこちらが、目つぶし(や金的)を入れると相手がいやがって防いでくる、そこをこちらはこう動く」というようなことが多々あります。先日も稽古中に先輩に、「実戦だとこの一連の動きを流れるようにするのですね?」と聞くと、「実戦では、当身(キック・パンチ・突きなど打撃)7割、技3割という言葉があるけど、こうして最初に当身(パンチ)を入れて、それが入れば終わり」と言われてなるほどなと思いました。




合気道はじめました

地元の祥英会 (久里浜合気会)でお世話になることになりました。

中学での柔道の授業、高校での剣道の授業を除けば、私は、格闘技はまったくのはじめてです。

祥英会の木曜日担当の鈴木先生は気さくな方で、日曜日担当の白坂先生はやさしい方です。

まだ、受け身も満足にとれない身ですが精一杯、頑張ろうと思います。

まず、合気道の稽古を3回受けてみて思ったのは、合気道は非常にテクニカルな武道なのだなということです。力にまかせて相手をどうこうするものではありません。

稽古の基本は、先生がまず技をみなに見せます。それから自由に二人一組になり、攻め手のときは、ある技を左から一回、右から一回かけます。つぎに受けてになって左右一回ずつ受けます。この技がまったく覚えられずに当初は非常にあせりました。先生の動きをみると美しい円運動のようなものをしているなくらいしかわからず(先生はわかりやすくゆっくり動いていただくのですがこの有様です)、難しいです。

が、ファイトも湧いてきました。

ある女性の先輩に、合気道は年を取るほど余分な力が抜けて技が冴えるようになると教えていただきました。私としては、44歳で初めて、すくなくとも20年は続ければなんとか、それなりの形になるのではないかと思っております。できれば、一生の付き合いにしたいと思っております。