紙の製造工程を植物由来の宇宙人に見せたらマジ切れ

まぁ、星新一さんのショートショートにそういうのがあったなと…

星 新一(ほし しんいち、本名:星 親一1926年大正15年)9月6日1997年平成9年)12月30日)は、日本小説家SF作家
父は星薬科大学の創立者で星製薬の創業者・星一森鴎外は母方の大伯父にあたる。本名の親一は父・一のモットー「親切第一」の略で、弟の名前の協一は「協力第一」の略。父の死後、短期間星製薬の社長を務めたことがあり、日本の有名作家としては辻井喬こと堤清二西友社長)と並んで稀有な東証一部上場企業(当時)の社長経験者である(ただし、堤の場合は西友の経営参加や上場よりも創作活動が遙かに先行しており、星の場合は完全に経営を離れたのちに創作活動が始まっている)。
豊富な作品量でありながら、それでいてどの作品も質の高さを兼ね備えていたところから「ショートショート掌編小説)の神様」と呼ばれているが、『明治・父・アメリカ』、父親や父の恩人花井卓蔵らを書いた伝記小説『人民は弱し 官吏は強し』などのノンフィクション作品もある。小松左京筒井康隆と共に「SF御三家」と呼ばれる[3]

Wikipedia 星新一

私はたぶん星新一さんのショートショートは私が大学生の頃手に入るものは全部読んだことがあると思います。まぁ、中学だか高校の教科書にもひとつ作品が掲載されていました。

日本SF御三家でいうと、筒井康隆先生の作品もほとんど全部読んでいます。なぜか分からないですけど、小松左京さんの作品はたぶん一切読んでないと思います。

映画:ザ・ウォーカー

世界が核戦争でば~んってオワタ状態になった数十年後、自分の内なる声に導かれた男が発見した一冊の書物をもって、心に命じられるまま西へと歩き続ける旅をする

ってお話です。とても面白かったです。いつもながらゲイリー・オールドマンは役者だなと。

ネタバレ注意


  

  

  

まぁ、その本ってのが聖書なんですけど、たしかに今の現実世界での聖書の威力は認めますけど、そのいっぽうで「そんなに~??」って思う心があるのも事実です。

最近、おどろくこと

最近といってもいまから例にだすのは、ちょっと前のことになりますけど、直近に別の例もいくつかありました。

社会へ参加するのに表明する性別が途中から変わる人がいるという話です。

さいしょにこの現象で驚いたのは、映画マトリックスのウォシャウスキー姉妹です。

いまごろ映画マトリックスの感想

私はリアルタイムでマトリックスを見たときに、そうとう気に入って、それまでいちばん好きだったSF映画ブレードランナーと同じくらい好きになりました。

こんなスゴイ話を作ったのはウォシャウスキー兄弟って人たちなのかと記憶に残っていたのです。

で、 (10年以上たった) しばらくしてからマトリックスのウォシャウスキー”姉妹”ってメディアで言及されはじめて「???」となりました。

ごく最近も有名な学者の方の性別っていうか見た目の性別が変わっていたり、これまた著名な評論家の方のパートナーの性別が変わっていて、正直ちょっとびっくりしました。

本人がそうしたいってんなら、私ごときがなんか言う筋合いでもないですけど、ちょっとそういう例が多くてびっくりしています。時代の流れについてくのも大変だなと思っています。

私の好きなSF小説で、ジョージ・アレック・エフィンジャーによるブーダイーン・シリーズっていうのがあります。シリーズの第一作『重力が衰えるとき』 ((When Gravity Fails) (1987年):浅倉久志 訳/ハヤカワ文庫SF )は1987年ですね…30年以上昔か…

そのなかで主人公のマリード・オードラーンの恋人が性転換して女性になった人だったのですね。リアルタイムで読んでいた時は「すごくサイバー(死語)な設定だな…」と感じていたんですが、もうそういう時代に私は暮らしているんだなぁという感慨があります。

21世紀の中東を舞台にしたマリード・オードラーンが主人公の三部作は、サイバネティクスによる電脳移植と擬似人格モジュールの挿入で個人の個性を変更できる世界で、暴力、麻薬、犯罪を扱ったハードボイルドサイバーパンクで、彼の最も成功した作品として知られる。4作目となるはずだったNights of Doubt and Sorrowは2つの章が書かれ、Budayeen Nights(短編集)に収録された。

Wikipedia ジョージ・アレック・エフィンジャー