珍遊記(漫☆画太郎)

もとネタの西遊記からしてそうなんですが、わたしはいわゆる”強キャラ”がメチャクチャなことをするってハナシが大好きです。

ベルセルク「聖鉄鎖騎士団 団長のこの私に…こんなまねをしてただですむと…!!」

ファルネーゼという頭でっかちな信仰を持っている若い女性の騎士団長が、上半身裸で馬に乗せられてさらわれながらこんなこと言うんですけど、こういう「(この状況で)なにいってんだこいつwww」みたいな場面が私は個人的にジワジワきます(笑)

レディ・プレイヤー1:おもしろいけど長い…

以前から狙っていたのですが、こんかいアマゾン・プライムの週末セールで100円で視聴できました。

バーチャル・リアリティー(VR)、つまり仮想現実のゲームを扱った映画ということで、まず個人的に興味があるテーマでしたので堪能いたしました。

ガンダム、シャイニング、ターミネーター、AKIRA、ゴジラ、バックトゥザフューチャーなどなど、わたしもピピッとくるようなモノがちょいちょい顔をだしててそういう意味で絵面だけみていても楽しかったです。

ただこれは私の個人的な事情でしょうけど、2時間20分視聴するあいだに、たぶん10回~20回くらい視聴を中断して別のことをやったりしてました。なんか疲れてしまうのですね… イッキに映画イッポンを見続けられないって自分でも難儀な状態になってしまったなと思います。

映画:(毒を以て毒を制す)スーサイド・スクワッド

まず、最初に英語学習者の立場で気になったのは、”suicide squad”で自殺を意味するsuicideが”スーサイド”って言われると少しだけ、アレ??って感じはあります。日本語として定着しているのでしょうか…


2020/06/26現在アマゾン・プライム会員なら無料で鑑賞できます。

バットマンやスーパーマンでは世界は救えない!?人類の未来は、クレイジーな“悪党”たちに託された!
迫り来る世界崩壊の危機を前に、政府は、あるとんでもない決断を下す。
それは、バットマンやスーパーマンによって捕らえられた悪党たちによる最「狂」軍団を結成するというものだった。
思いがけず“正義のヒーロー”を任された寄せ集めの悪党たちは、世界を救えるのか!?

Amazon Prime Videoスーサイド・スクワッド

いろいろなひっさつわざをもった、わるいひとがいっぱいでてきて、とてもおもしろいです。

なにもかも、めちゃくちゃにしてしまうひとたちはたのしいなとおもいました。

ぼくもなかまにしてほしいなとおもいました。

ゆうじ

(小学生のときとか、読書感想文がとてもイヤだったのはホントウの気持ちを書けなかったからですね…書いたらモンダイになるのはわかっていたし…)


なんと言ってもハーレクインが出色の出来ですね。

元はちゃんとした精神科医

わたしは色々な意味で、”吹っ切れた”キャラクターがすきなんだなぁとつくづく思いました。自分じゃできないから、それを楽しそうにやっているキャラクターや実物の人を見るとスッとするのかなと…

中二病ならホンモノを楽しもう!(イエス・キリストの生涯)

最近気が付いたんですが、アマゾン・プライムで”イエス・キリストの生涯”という力作を視聴できます。(HISTORYチャンネルのものみたいですね)

欧米の文化的背景を理解するには、われわれ和の国のひとであっても、不可避的に聖書を読んで、その世界観に触れざるをえません。

中学二年生あたりで、「この世ってなんだ??」みたいなひとは、ここらへんのホンモノをいちど鑑賞することをお勧めします。


わたしなんかは何度も聖書をよんだりしていますが、「ジーザスよ、そんな振る舞いしたら死ぬぞ」とか、「RPGにおけるヒーラーの救世主ってこんな感じか…、攻撃魔法使い系のメシアだったらどんな感じかな…」とか思いながら鑑賞しています。

イエス・キリストのこと
映画:Man On Fire

映画:Man On Fire

アクションエンタテインメントの名手トニー・スコット監督が20年間熱望していた企画を実現。米軍で対テロ活動と言う名の暗殺に明け暮れた主人公が、一人の少女のボディガードを通して生きる希望を見出していく様を描いた感動アクション大作。主演は名優デンゼル・ワシントンに、名子役ダコタ・ファニング。

Amazon: Man On Fire

デンゼル・ワシントン演じる対テロ活動の暗殺者が、自分のしてきた行いを振り返って聖書を読む場面がたびたびあります(聖書を読むときはほぼ確実に酒も飲んでいます)。

「やっぱり、良心的なことを考えるときは欧米のひとは聖書をひらくのか…」という感想です。

戦友のクリスファー・ウォーケンは、南米で家族と小さな自分なりのパラダイスを作ってよろしくやっているわけです。

で、

デンゼル・ワシントン:「おれたちは、死後に天国に行けるだろうか?」

クリストファー・ウォーケン:「ムリ」(即答)

っていうくだりがあって味わい深いです。

わたしはできることならクリストファー・ウォーケン的でありたいと思っています。

クサクサ自分の行いの善悪を考えて酒浸りになるくらいなら、死後の地獄を覚悟して今はよろしくやるのがわたしの考える大人です。

たのしいひととき…

死を前提として輝く生

NetflixのSFドラマで金持ちは死ななくなった世界を描いたオルタード・カーボンをみています。

金持ちは四苦を免れる世の中になる

売春婦にあとで生き返らせるからと約束したうえで殺させてもらうとか、わたしが想像する通りの金持ちの腐りっぷりが笑えます(なんでそんなことしたいのかサッパリわかりません)。

シンギュラリティがくるかどうかとかありますけど、いまの社会では、基本、いつか死ぬぞということでしょう。(いままでホモサピエンスで死を免れたひとはひとりもいません。中国漢方の伝説の達人でさえ数百年生きて死んだという話です(あくまで伝説…))

完成された武士の心境

わたしは、寿命が大幅にのびるってんなら、それはそれでまだ勉強したり、知りたいことがたくさんあるので、かまわないかなとは思っています。

社会に発生してしまう矛盾(理不尽)をのみこむのはタイヘン

矛盾(理不尽)をさけるなり、矛盾に巻き込まれてしまったらソレをなんとか飲み込めないと、社会に害をなすような存在になり果てることもありますね

まぁ、Netflixでドラマ”ブラックリスト”を鑑賞中ですが、わたしもイロイロと自分なりに思うところはあります。

ジェームズ・スペイダー演じる、元海軍軍人で国際的な犯罪者のレイモンド・“レッド”・レディントンが自らFBIに出頭し、免責と引き換えに情報提供を申し出る。自分の知る凶悪犯罪者の”ブラックリスト”に基づき、FBIに協力し様々な事件解決をしていく。当初からレッドはエリザベス・キーン捜査官に特別な好意を寄せ、やがてエリザベスの出生の秘密や国際的な陰謀が明らかになっていく。

Wikipedia THE BLACKLIST
社会に矛盾や茶番があっても人間のやる事なのでしかたない

”しかたない”ではすまないような壊れ方をしてしまった方たちには、なんとも言えない思いが湧きます。

自分は世間が作ってくれた作品

映画:ノーカントリー

ノーカントリー』(原題: No Country for Old Men)は、2007年製作のアメリカ映画コーエン兄弟製作のスリラー映画

アメリカメキシコの国境地帯を舞台に、麻薬取引の大金を巡って凄惨な殺戮劇が繰り広げられる。

Wikipedia ノーカントリー

ハビエル・バルデムがイカれた殺し屋を演じて味わい深い映画です。

作中のイメージとはちょっと違う…さすが役者(たんに髪型の違いか)

それはおいといて、そのイカれた殺し屋がターゲットの女性に、

「あなた、じぶんがどれだけ頭がオカシイか、わかっているの?」

といわれるシーンがあるのですが、わたしはじぶんの妻(いないですけど)にこんなこと言われたらたぶん死にたくなるだろうなと…(まぁ、死なないんですけど(笑))