わたしはワーキング・クラス出身

と50歳を過ぎたいまになって明確に意識しました。(遅w)

まず、父は高校を卒業したあとすぐに海上自衛官になって死ぬまでやってました。

で、母親は中学卒業後に美容師になって国家試験に合格していたんですが、結婚と同時に父の希望で主婦にジョブ・チェンジしました。

で、いまさらですけど、わたしが育つ過程で親しく接していた親戚とか全員大卒はいなかったんですね。

まぁ、いまとなってはだからどうだということはないんですが、大学の同級生とかのお父さんは大学教授とか、有名レストランチェーンのエリア・マネージャーとかちょっとエライ人だったなと…

私が高校2年生(17歳)で、父が亡くなったとき母には高校を卒業したら働くって言ったんですが、大学までいかせてもらっていい経験をしたなと思っています。

Wikipediaより


労働者階級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (ワーキング・クラスから転送) ナビゲーションに移動検索に移動

労働者階級(ろうどうしゃかいきゅう、working class)とは、賃金雇用され、生産手段を持たない社会階級のことを指す。対義語は資本家階級(ブルジョワジー)。

いわゆるプロレタリアートのことを指すが、プロレタリアートは、特に無産階級と呼ばれることもある。

資本主義における階級として資本家階級と並び集団を作るもので、その起源は産業革命期にある。現在はその態様も職種によって様々であり、社会意識も一様とは言えない。

マルクスエンゲルスらは、彼らが団結して革命を起こして資本制経済を揚棄することが社会主義への道であると考えていた。


マウントをとりたい人

さらに上を出してくる感じ

あなたが武術家に武術をならっているとして、その武術家が稽古中に無意味にあなたからマウント・ポジションを何度もとりたがったら、「なんだろ、この人…」と思うのではないでしょうか。

これが、日常会話だと頻繁にマウントを取りに来る人がいるのが謎です。「あんた、ヘンだよ」という…

この世は基本闘い
人間の価値

「なにが朝寝坊だ、このクソが」

今日、なんとなくTwitterを見ていたら、某有名人の人へたぶんファンだと思われる人が、

ファン:「~~さんは、朝寝坊じゃなかったんですね」

みたいなことを言ったら、その有名人がタイトルみたいなことを言って返事していたんですが、正直、すこし笑ってしまったというか。

「これは…、漫才かな…」という…

ファンがどうでもいいことを言って、有名人が暴言で返す(話の内容の筋は通っているんですが、口調が乱暴)というある種のおやくそくみたいで…。

これもファンと有名人の関係性のひとつの形かなと。