WordPressがバグって全削除から復帰(2020年12月分消失)

アイキャッチ画像が復帰できていない記事がチラホラとあります。

ポルシェ カレラ 4S買った(注文した)

ポルシェさま…

まぁ、わたしの友人がですけど(笑)

業界の後輩たちの目標になるように、そういう振る舞いはいいことだなと思っています。

注文をだしている状態で、実際の納車は一年後らしいです。納車されたら乗せてくれるそうです(わ~い)

リアル領地管理がけっこうタイヘン

黒い砂漠モバイルでは多数の領地民を抱える、いっぱしの領主である私ですが、リアルでも日本国に自分名義の領地を小さいながらも所有しています。

お茶しながら、きままに作業
さいきんカンロクがついてきてしまったなと

黒モバでは領地民がいて、いいように使っているわたしですが、リアル領地の管理は手下がだれもいないので自分でやるほかないという(笑)

寝たきりのジーヴァンムクタ

一週間ほど前に急性の腰痛を発症して救急車で入院し、今日退院いたしました。回復したらまたいろいろやろうと思っております。

入院中は病院スタッフのみなさまにたいへん良くしていただいて感謝しております。

安静にしているということで退院許可がおりたのでしばらくはじっとしていようと思っています。

裁縫がちょっとおもしろい

ジーヴァンムクタ装束にほつれがでてしまいました。

エセ坊主セット(ボーディ・サットバ装束)

ということで、小学校か中学校の家庭科いらい数十年ぶりに針と糸をだして修繕しました。

おもしろいのは、”半返し縫い”、”本返し縫い”、”止め縫い”とかなんとなく名前も頭にちゃんと入っているし、やりかたも覚えていることです。

さすがにトシを感じたのは、針に糸を通すのに一苦労するところですね(笑)

他人(ひと)のことばかり気にしてちゃダメ

他人のことはとりあえず放っておいて、自分が何に喜びを感じるのか、何に苦痛を感じるのかよく調べないとダメでしょっていう

社会に”偉人”が出現してしまうと、どうしても死者とかでてしまう

まぁ、それでその偉人を責めるのもちょっと違う感じもしています。

RMS(リチャード・ストールマン Richard Matthew Stallman)のこと

私たちが生きている世界は、「願えば叶う」ほど生やさしいものではない

という、いいブログエントリを鈴木傾城さんが発表なさっています。

私たちが生きている世界は、「願えば叶う」ほど生やさしいものではない

場末の世界に流れ着いた女性たちは、話を聞いているとこちらまで絶望的な気持ちになるほど哀しい運命の渦中にある。生活能力のない家族、無責任な夫、空腹に泣き叫ぶ子供たちの声。そんな境遇に追われ、切羽詰まって夜の世界に堕ちる。どんなに頭が良くて聡明な女性でさえも、どん底(ボトム)の境遇に置かれてしまうと、悪い方に悪い方に転がり落ちていく。(鈴木傾城)

ブラックアジア:鈴木傾城

いつごろからか、わたしもこの世ってクソだなというのが基本的な認識です。

地獄からの手紙: ブラックアジア(鈴木傾城)

なにをどう頑張っても耐えてもクソのような事態が現出していまうという…

というようなことは、仏教的には一切皆苦という教えによって説かれていますね。サスガ仏教!