人間、死んだらどうなるか

アルボムッレ・スマナサーラ長老

仏教のさとりは、心をOSとすると、不必要な(デーモン含めた)プロセスが全部止まった状態

だから、何かをなそうとすると(あるアプリケーションを走らせると)、さとりの心境にある人はパフォーマンスがでるのではないかと…

単純に雑念がナイって言えば良いですね。

まぁ、元プログラマーのちょっとしたヨタ話です。

Yogas Chitta Vritti Nirodha (ヨーガス・チッタ・ヴリッティ・ニローダ)

世の中変えるつもりがないなら、ヨガとか仏教なんかやめちまえ!

すみません、ちょっとイキったタイトルつけたほうがウケるかなと思って、こんなこと言ってみました(笑) ぷー太郎のざれごとです(笑)

ただ、西洋哲学が最終的にセカイを破壊できる核兵器を産み落とせたなら、東洋哲学がまっとうに進化していたら圧倒的な平和を実現するナニカを産み出せていたはずだと私見ですが思っています。つくづく残念です。

釈迦の言っていることはメチャクチャな極論…だがそれがいい

いちおう、わたしなりに理解したかぎり釈尊が伝えようとした心境(ブッダ)は極限としてありえるし、釈尊の説いた教えには心をやすらかにする知恵や考え方がつまっているといまでも思っています。よくできた信念体系だなと感心しています。

ただ、意識レベルを俗っぽい感じにして釈尊の主張を見てみると、ギョっとすることばかりですね(笑)

家族の否定とか。酒飲むな、女抱くな、乞食しろって…正直、よく信者がついたなと…(そして極東の日本に伝わって即身仏とかいうエクストリーム行為をするひとたちがでてきたりして、大騒ぎですね)

仏教入門

仏教界の大物に死ぬことを異常にビビる衆生を一喝していただきたい

死を前提として輝く生

慈悲は自分のためでもある

ここでいう慈悲はやっぱりわたしの解釈ではある種の強者が弱者へ向ける気遣いとか愛といったモノかなと思っています。

みんな大好きな武将であり政治家であり将軍つまり天下人である徳川家康は、自分の娘の婿一族をエグいやりかたで皆殺しにしたあと、さすがにココロが壊れそうになったんでしょうね、ひとり必死に写経に打ち込んでいた時期があったなんてウワサを聞いたことがあります。

人間である以上、強いからなにやってもいいとか調子こいているとココロが荒むだろうという。

自分のメンタルヘルスの管理という面でも、ちょいちょい慈悲的な行為をしておかないと長期的にはいろいろなダメージが来ますよということではないでしょうか。

釈迦のスゴミ:イカダのたとえ

仏教をカジった方には有名だと思いますが、釈尊は自分がいろいろと人々に伝えた教えを川(煩悩)の激流をわたるイカダ(筏)にたとえました。

もし、修行がうまくいって煩悩の激流を渡り終えたのなら、イカダ(教え)は捨てろと説いたのです。コレってすごくないっすか??

わたしはこのハナシを聞いたときに、「アレ、シャカってホンモノかな…??」とうっかり思ってしまいました(笑)

ノアだけはガチ

いや、いまでもホンモノと思っていますけど(笑)

すくなくとも、釈迦というニンゲンは本気で衆生の苦しみを解決するつもりだったのではないかと、わたしは思っています。

釈迦の失敗の原因のひとつはブッダをいちばん上に置いてしまったこと
人間の価値