愛(慈悲)は宇宙の普遍的な価値になりえるか

スピリチュアル系のYoutube動画を視聴していると、いわゆる愛(慈悲)が宇宙的に普遍的な価値観であるという想定をしているように感じられます。

もちろん、われわれ人間っぽい生物で群れを作るモノならそういう価値は認められる気がしますが、そうじゃない生物もやまほど想定できそうです。

たとえば、昆虫由来っぽい高等生命とかです。

”我々には価値がある”と感じられるモノが、”彼ら”にはまったく理解不能の概念ということは十分あり得ると思います。だからといって彼らが悪いとは言えない気もします。

人間がアリのように見える存在はいるのか

世の中変えるつもりがないなら、ヨガとか仏教なんかやめちまえ!

すみません、ちょっとイキったタイトルつけたほうがウケるかなと思って、こんなこと言ってみました(笑) ぷー太郎のざれごとです(笑)

ただ、西洋哲学が最終的にセカイを破壊できる核兵器を産み落とせたなら、東洋哲学がまっとうに進化していたら圧倒的な平和を実現するナニカを産み出せていたはずだと私見ですが思っています。つくづく残念です。

釈迦の言っていることはメチャクチャな極論…だがそれがいい

いちおう、わたしなりに理解したかぎり釈尊が伝えようとした心境(ブッダ)は極限としてありえるし、釈尊の説いた教えには心をやすらかにする知恵や考え方がつまっているといまでも思っています。よくできた信念体系だなと感心しています。

ただ、意識レベルを俗っぽい感じにして釈尊の主張を見てみると、ギョっとすることばかりですね(笑)

家族の否定とか。酒飲むな、女抱くな、乞食しろって…正直、よく信者がついたなと…(そして極東の日本に伝わって即身仏とかいうエクストリーム行為をするひとたちがでてきたりして、大騒ぎですね)

仏教入門