【ゲームで英語漬け:Game*Spark的学習術】

【ゲームで英語漬け:Game*Spark的学習術】第1回『モンスターハンター:ワールド』

「ゲームで英語漬け:Game*Spark的学習術」第1回目に取り上げるタイトルは『モンスターハンター:ワールド』。英語に言語を切り替えてのプレイでもっとも慣れやすいジャンルはアクションゲームです。 …

Game*Spark

まぁ、ビデオゲームはあまりよいこととは世間的には思われていない雰囲気もいちぶあるようですね、”ゲームやっても役にたたない”とか…そういうこと言いだすとキリがないのでは…という感じをわたしはもっています。

すべての活動を有機的につなげて、”役に立つ”ようにすることは可能だと思っています。

禁止のmay not, must notのイメージ

英語学習ノートです。

図書館の職員: Sir, you may not bring food or drink into the library.

may notによる禁止は何らかの権威がからむイメージで、この権威はたんなる家庭における親であるとかそういうモノを含みます。上記の例文では、いちおう図書館の職員がその場を仕切っているわけです。

We must not be late.

must notによる禁止は、主観が中心にあるイメージで、上記例文はまさに発話している自分が遅れてはいけないと判断しているわけです。