赤ん坊を it で受ける感性

“The parents said the baby really loves throwing food on the floor. It sure does!”

英語で、赤ん坊の話題がでたあとで、男女の区別がつかないので、赤ん坊を it で受けることがあるのですが、ちょっと ゾッ とする感じがします。まぁ、東洋人であるわたし独特の感じでしょうけど…

遠山顕の英会話楽習

They spread quickly.:dは発音しなくてよい(音の脱落)

通常の英語の発話では、音としての連続性や発音のなめらかさが優先されるので、このspreadのdはごくごく弱く発音するか、発音したかのようなタメを置くだけでよいです。

私は中学生で英語を生まれて初めて学習しはじめて、ガチガチに発音記号を基礎に置いて勉強したので、この音の脱落という考え方を知るまで、なぜ自分の英語がスムーズな発話にならないのか大いに悩んだ時期があります。

聖書をのんびりと聴く

BibleGateway.comというところで、ドラマ仕立ての英語で聖書を聴くことができます。頭が疲れている夜なんかにぼぅっという感じで聴いているとココロがなごみます。エゼキエル書の預言とか面白いです。

初期仏典も音声で聴けるようになってればいいのにと思いました。

extendは2次元(線)でのばす、expandは3次元(空間)でひろげるイメージ

extend

[transitive] extend something to make something longer or larger

・ to extend a fence/road

・There are plans to extend the subway line.

Oxford Learner’s Dictionary “extend”

expand

[intransitive, transitive] to become greater in size, number, or importance; to make something greater in size, number, or importance

Metals expand when they are heated.

Student numbers are expanding rapidly.

A child’s vocabulary expands through reading. The waist expands to fit all sizes.

Oxford Learner’s Dictionary “expand”

英語でなにかを修飾する部分はターゲットの前か後におくという大前提

なぜなら、ある部分を修飾するような語(word)句(phrase)節(clause)をどこかに置くといったら、一般に文(sentence)は先頭から順に後ろの方に進んで(書いて・発話して)いく2次元の自由度しかないので、ターゲットとなる部分の前か後ろに置くほかないからです。

大前提としては、修飾する側の部分が短め(語など)で意味がこんがらがらないならターゲットの前において、長め(句・節)なら後ろに置くっていうイメージを私は持っています。

NHKラジオ英会話を聴いているとなごむ

今週は母の介護関係でちょっとしんどくて月曜日からまったく聴いていなかったのですが、いまいろいろおちついて聴いてみたら、こわばったココロがなごむのが自分でもわかりました。

まぁ、わたしは英語が本当に好きなんだなと思いました。