中学の成績は5段階で最低でも3を目指す、1,2はヤバい

ある科目の成績が5段階で3のひとはフワッとですが、内容をなんとなしにどんなものかかろうじてわかっている感じを受けます。

これが成績が2、1だとほぼなにも分かっていないし、最初から説明する感じになります。

いまは高校受験をする方が多いと思います、そして中学3年生の夏休みあたりになると尻に火がついていることに気が付く方が多いです。そして中3の夏休みから受験までスパートをかけるわけですが、本人にその気があるなら成績がオール3くらいだとかなり実力を上げることが望める状態です。


たぶん、現在の中学校で成績5段階で1がつく生徒さんは、不登校で学校に行っていないとかなんらかの事情がある方かなという感触を持っています。わたしが生活していて触れ合う方々もお子さんが不登校というハナシがよく出ます。また、わたしも不登校の生徒に教えさせていただいたこともあります。ここらへんなんか微力ながらチカラになりたいなという気持ちは持っています。


勉強にできるできないはなく好き嫌いがあるだけ

ドリームキラー

塾で教えていたとき、ある生徒が私から見て明らかにテストで実力以下の点数ばかり取っているんですね。それで、授業1コマを”作戦会議”として取って、丁寧に彼女にわたしが思っていることを説明して、実際に落ち着いて問題をといてもらったりしているうちに、だんだんと自信がでてきて成績を1段階あげられる気がするって本人にも信じてもらえるようになったことがあります。

後日、その生徒のお母さんとちょっと顔をあわせる機会があったとき、お母さんから、

「先生の”作戦会議”のおかげで本人がやる気になってありがとうございました。わたしはあの子を褒めて育てなかったんで…」

って言われて感謝されたことがあります。

日本に限ったことじゃない気もしますが、わたしも

「おまえは絶対、たいしたもんじゃない」

ってメッセージを直接的・間接的に伝えられて育ったきがします。まぁ、実際、たいしたもんじゃないのでいいのですけど(笑) テストの点数や成績が良くてもそれを大っぴらにするとひどい目にあうぞてきなメッセージを刷り込まれましたね(笑)

ただ、自分の子供を育てるにあたってなぜ良いところを褒めてあげないのかはちょっとナゾな感じがします。

私が授業中にやること

このまま塾を抜け出してどっか行ったらどうなるかな…

という考えが、その昔、夏期講習で1コマ1時間半の授業を6コマ連続でやったときに最後の授業中にふと頭に浮かんだんですが、これってはっきり言って”逃げたい”っていう心の叫びですね…(笑)

そういうことがあってから、一日に一コマか二コマにしていただいたんですけど(笑)

集中して授業をして、クオリティを落とさずとなると、やはり、一日に3時間くらいが限界かなという気がしました。

私が授業中にやること

高校受験をひかえた中学生の方たちに

おもに成績が下のほうの方たちへのアドバイスです。いちおう5年以上塾の講師をしていたのでその経験をもとにお伝えします。

数学について例をだしますが、英語でも同じことです。まず、中学1年の内容を理解できていないのに、いきなり中3の問題を解こうとして分からなくて途方に暮れている人をけっこう見たことがあります。

ここでそういう方たちが気が付いていないのは、基本的に中3の内容は中1、中2の内容を土台としてなりたっているということです。たとえば、正負の数の理解があやふやなのに、2次関数の座標を求める問題を解こうとしたって負の座標値がでてきたら計算できないですよね。そういうことです。

3階建てのビルを建てようとしていて、一階(中1の内容)がしっかりしていないのに、その上に2階(中2の内容)を乗せようとしたって、グラグラして不安定になるのはまぁ当然のことです。

あと数学用語の定義をしっかり身に着けるだけで5点以上入試で余計に点をとれることがあります。”自然数”、”素数”、”以上”、”以下”、”未満”とか…

個別指導塾講師活動6年目へ突入

周囲の理解もあって、講師活動6年目に突入することができました。

お世話になっている各方面には感謝しております。

いまでも、若い人たちの言動は私にとって驚きの連続です。

 

Everybody falls the first time (誰でも最初は失敗する)


塾で生徒さんに教えさせていただいていると、大部分の人が最初は間違う所というのがわかってきます。

例えば初めての数式の展開で、

$$-(x – 3)^2$$

を符号を間違わずに展開できる人はかなり少ないです。

私は、

$$-(x ^2 – 6x + 9)$$

という途中式をあえて書くように指導することが多いです。

こういうツボみたいな所の知識が、だんだん私の中に蓄えられて行っています。

操ると導くの差

認知機能の高い、つまり、端的に言って頭のいいある友人が、いかに自分より認知機能の劣る女性の心を操ることができるかを力説していたことがありました。

まぁ、その友人はその女性のためを思って、”説得”したわけですので、私利私欲のためではありません。そして狙った効果を得られたようで、女性の生活が安定しました。

私は、”人の心を操ってやろう”という料簡自体が卑しいと感じています。また、長い目で見てそういう目論見が自分の思った通りの結果をだすかどうかを疑っています。

また、よかれと思って”導こう”としたとしても同様に、”良い結果”を得られるかどうかを疑っています。

私にできるのは、自分はこうしてこうなったという”報告”をすることだけです。

つまり、”善意で導く”も”悪意で操る”も長期的にみると結果にさほど差がでないと思っています。

ただ、盲目の人に対してはこちらが目が見えるなら、サポートをしたくなるのが人情ですね。

Do not judge, or you too will be judged.  For in the same way you judge others, you will be judged, and with the measure you use, it will be measured to you.

Why do you look at the speck of sawdust in your brother’s eye and pay no attention to the plank in your own eye? How can you say to your brother, ‘Let me take the speck out of your eye,’ when all the time there is a plank in your own eye?  You hypocrite, first take the plank out of your own eye, and then you will see clearly to remove the speck from your brother’s eye.

個別指導塾講師活動5年目に入りました

最初はおっかなびっくりで教えさせていただいていた塾の講師活動ですが、5年目に入ってなんとなく様子が分かりかけてきました。

20代のころは人にものを教えるなんて、柄じゃないし、第一、教えるような何かが自分にあるとは思ってもみませんでした。

ただ人にものを教えさせていただくのはやはり、奥が深いというか、追求し始めるときりがないというか。

色々な若い人と接して、多少なりともその力になれるというのは、私にとっては望外なよろこびです。

できることなら、ライフワークにできればいいなと感じております。

勉強にできるできないはなく好き嫌いがあるだけ

走ることに例えると、もちろん誰でもオリンピックの短距離選手になれるわけではありません。でも、走ることが好きで練習を重ねれば、その人個人レベルでは走るのが速くならざるを得ないんですね。

何事にも向き不向きはあります。でも、少なくとも小学校から高校レベルまでの勉強一般は、誰でも脳の機能的には理解できる範囲です。でなければ何らかの障害としてそもそも普通の学校に入学できていないはずなんですね。

ある事柄を好きになれば、当然、練習をするでしょうし、上手くなろうとするはずです、そうすると何もしない状態より結果として上手くならないではいられないのですね。

ここら辺をよく理解できていないお子さんが多くて、ひどい例では親からお前はバカだと言われていてそれを信じそうになっていたりします。

面白いと思ってやる事がどれだけすごいことを引き起こすかは、テレビゲームに熱中している子供たちを見るとわかります。
好きなゲームがあると、そのゲームについて異常に詳しくまた上手になっているんですね。

学問の王道はそれを好きになることだと思います。