鳩山由紀夫さんのこと

ルーピーと呼ばれたりして、わたしも一時は鳩山さんのことがバカっぽく見えていた時期がありました。

いまは鳩山さんなりに何かをしようとした結果がああなったのだろうと思っています。

デキルと思ったことがデキなくて、結果としてバカっぽく見えてしまったのだろうと。

一定以上の知性がバカっぽいことをやったように見えた場合、それなりの理由があるのかなというのが現在の感想です。

ジミー大西さんが好き

昔から、なんとなしにジミー大西さんに好感をもって、活躍をみさせていただいていました。

なぜ好感を持つかというと、人間の型として非常にわたしと近い感じの人なのではないかと思っているからです。

いちファンの希望としては、お笑い芸人と画家の両立をしていただければなと思っています。

鬼束ちひろさんのこと

洋楽好きで船乗りの父と邦楽好きで民謡の師範代だった母の間に生まれる[5]。義務教育時代は学力通知表がオール5[6]、中学校では全国共通模擬試験の英語科目で全国一位になるレベルだったが、音楽人となってからは高偏差値であることを窺わせる態度や発言をすることはなく、お笑い芸人との交流に勤しんだりホームレスに差し入れをしたりといった庶民的な一面を見せる。2010年から「有り余るパワーをコントロールするため」にタトゥーを彫っている。

Wikipedia 鬼束ちひろ

わたしは音楽はうといほうですが、鬼束ちひろさんの広い意味でのファンだと言ってよいのかなと感じています。気になる歌があって、それが鬼束ちひろさんのものであるという機会が多かったです。

Wikipediaの鬼束ちひろさんのページを読んでいて、「あぁ…、お大事に…」って感じがまずしました。(ある種、わたしと共通するような生きづらさをお感じになられているのではないかなと…)