数十年ぶりのフィギュア

人形やフィギュアといえるものは子供のとき以来です。ユニバーサルスタジオジャパンのお土産でいただきました。

このブログエントリは”ペット”カテゴリに入れたんですが、動物は責任をもってお世話するのが大変ということで植物に手を出して、それも失敗して、とうとうフィギュアへと…

まぁ、昭和生まれのクソガキとして子供の頃は鈴虫、ザリガニ(捕まえに行って底なし沼にビーチサンダルを食われました)、カブトムシ(ある日ケースが壊れて数十匹逃げ出して近所のキッズが狂喜乱舞)、クワガタ(木の細い穴の巣から指でなんどもほじくりだして指先ズタズタ)、ミドリガメ(冬眠失敗で死亡)、金魚、インコ(数匹)、犬(パグの雑種)と立派にお世話したんですが…

インコなんてしゃべるかわからないのに、例によって私なりの狂気をはらんだ粘り強さで言葉を教え続けて、とうとう色々としゃべるようになりました。

パグの雑種(ベタですがコロという名前でした)は幼犬のころにもらってきて、私が文字通り手取り足取り(足だけですが)階段や段差の上り下りなどなどを教え込みました。

パキラの新芽

春に向かって新芽がそだってきています。

ほんとうにパキラって育てるのが楽だなと思います。

サボテンをいくつ犠牲にしたことか。たぶん、「世話するぞ!」的な態度が余計なお世話なんでしょうね(笑)

母が園芸一般の歴が長くてプチトマトなんかも育てるのが上手なんですが、トマトは、もともと南米の高地植物ですから、水をやりすぎるといい実ができないんですよね、友人なんかによくそうアドバイスしていると聴きました。




観葉植物パキラ

パキラはしばらく育てていますが、育てやすいですね。

適当に水をやったりしているだけですがよく育ちます。

私同様の初心者におすすめできます。

とは言うものの、強い日光にあてすぎて何枚か葉っぱが真っ白になったりいろいろなつらい目には合わせているんですが(笑)