ダークソウル3:貪欲者の烙印ゲト~

宝箱に擬態しているモンスター”貪欲者”がまれにドロップする頭装備である”貪欲者の烙印”ですが、 「不死狩りの護符で眠らせては起こす」のマラソンにより無事20回目くらいで手に入れることができました。

MMORPGでレアアイテムを手に入れようとしたらフツ~に3ヶ月とかそれ以上チャレンジしつづけるとか経験しているので、こんなに簡単に手に入っていいのかみたいな感覚です。

ソウル吸収量+50% はスバラシイ!!

ダークソウル3:プレイ230時間超え

2週目の”冷たい谷のイルシール”までやってきました。

プレイしていて気持ちいいのは、敵に殴られながらも強靭さでそれをもろともせず両手斧でより大きなダメージを敵に与えて殲滅していくという戦法が機能しているところです。

もともとそういう戦い方が好きという面もありますが、操作がヘタという私の弱点をうまくキャラの強さでカバーできるのがとても心地よいです。育てたかいがあったなみたいな…

あと、オンラインプレイで地域外マッチングをアリにして、侵入されたり呼ばれたりしてこれはこれで面白いものだなと感じています。

そのほか各NPCとのやりとりやストーリーとかもやっと気を配る余裕ができて楽しんでいます。

あと常時火を焚いた状態にして白サインを探して協力NPCと共闘することを覚えたんですが、これが結構気に入っています。カプコンのドラゴンズドグマ・オンライン(やDark Arisen)なんかも手下のNPCを使役できてそれが気に入っていたんですが、私はこの手のギミックが好きなんだなと再認識しました。この手の相棒や手下としてつかえるNPCとしては今度発売されるバンダイナムコエンターテイメントの”Code Vein”というゲームで力を入れて開発されているらしいのでちょっと買ってみたいなと思っています。

また2D版のダークソウルみたいなゲームとして”Salt and Sanctuary”というモノがレーダーに引っかかってこれもプレイしてみたいなぁと思っています。

ダークソウル3:2週目に突入

ということは、DLC”The Ringed City”のボスである奴隷騎士ゲールを撃破できたんですね。

それで、取り残したアイテムとかも2週目に持ち越されるらしいということで始めちゃいました。

今後のキャラクター育成の方向性としては、両手斧を基本としながら、呪術を強化・使用していこうと思っています。ステータスの信仰や理力を上げてやっても武器(デーモンの大斧とか)の能力補正により物理火力もあがるということでそうしました。

で、”呪術”なんですが、これ英語では”pyromancy”って言っているようです。pyro-っていうのは火を表す接頭辞なんですね(たとえば、pyromaniac=放火魔)。呪術というより炎術みたいな。それで納得できたんですが、呪術っていっておいてなんで火関係の術ばかりなんだろうと最初は思っていました。

その呪術を使う上での装備品(武器)である”呪術の送り火”の戦技がすごく便利で、エスト瓶の再充填ができるんですね。そしてバグなんでしょうけど、この戦技 送り火 が連打できてしまうので、探索の途中でこの戦技の使用条件が整っているときは、エスト残量を完全復活できてしまうのです。

武器を火で強化する呪術 カーサスの孤炎 も見た目がすごくかっこいいので好きです。ただ理力、信仰ステータスがまだしょぼいので威力は期待していません。

2週目を攻略していて感じているのは、キャラクターレベルをかなり上げておいただけあって、ボスとかも初見のときよりずいぶんと簡単に倒せるようになったなということです。

ダークソウル3:黒騎士の大斧ゲッツ!

ちょっとしたバーチャルなコレクション気分で強そうな大斧をあつめています。

黒騎士の大斧が見た目もカッチョイイし強いということで、 無縁墓地の篝火”英雄グンダ”から往復して、数十体の黒騎士を倒し続けてやっとドロップしました(おまけ的に黒騎士の剣も手に入りました)。

さっそく目一杯強化して振り回してみましたが、攻撃モーションに特徴がありますね。

あと、必要なステータスである技量にポイントを振って気が付いたんですが、武器の能力補正に技量があれば、技量に振ることでまだダメージが伸びるなと、まぁ、あたりまえのことなんですが。

ということは私のお気に入りであるデーモンの大斧なんて理力や信仰にステータスを振ってダメージを伸ばせるのかと。デーモンの大斧の能力補正は

筋力技量理力信仰
能力補正CEDD

となっているので、もしこれら4つのステータスを99にまでしたら結構つよくなるんじゃ…みたいな妄想をしました(筋力は66で両手持ちで99相当になってます)。

デーモンの大斧

とりあえず、現時点でボスに挑んだりするときは、竜狩りの大斧のお世話になることが多いです。強い分重いですがどうせ一撃入れるんならダメージがでかいほうがいいなと思っています。

竜狩りの大斧

ダークソウル3:吹き溜まり デーモンの王子撃破!

DLCの”THE RINGED CITY”には輪の都へ行く途中に”吹き溜まり”というちゃんとボスもいるマップがあって、そこの攻略をしていました。

途中でイライラMAXになりそうになった敵がいて、本体であるサナギみたいなのを倒さないと何度も復活するらしい、空にフワフワ浮いてビームを連射してくるいわゆる”天使”です。そこでいつものようにYoutubeの攻略動画のお世話になって本体であるサナギの場所を特定し、サクッと3つやっつけて処理しました。

で、その後しばらく探索みたいなことをしたんですが、オイシイなとおもったのはDLCにお金を払ったごほうびなのか、 寵愛の指輪+3 とか 鉄の加護の指輪+3 など+3の指輪がけっこういろいろ手に入ったことです。

さっそくそれらの指輪を装備して、NPCである奴隷騎士ゲールと記憶を亡くしたラップの二人を召喚してボス攻略を開始し、2日目の今日朝に撃破いたしました。

その後、なんとなく黒騎士の大剣がほしくなって気が向くと黒騎士を倒してドロップを狙っています。

ダークソウル3:現在のプレイ状況

コンテンツの進み具合としては、本編のおもなボスはすべて倒し、ダウンロードコンテンツ(DLC)のアリアンデル絵画世界のボスもクリア、あとはもうひとつのダウンロードコンテンツである THE RINGED CITYを残すのみとなっています。あ、とうぜんまだ1週目です。

ダークソウル3:絵画世界フリーデ撃破!

キャラクターのビルドとしては、脳筋両手斧のファーストキャラを使っています。盾+直剣の美女キャラも別に育てているんですが、両手斧でもブロックすることを覚えたという収穫があったことですし、ファーストキャラで輪の都のボス討伐を目指そうと考えています。

中二魂全開の両手斧ファーストキャラ
レベル167、ヘタなのをレベルでカバーするというコンセプトです

ただ輪の都に進撃する前に、取り残した指輪を全部あつめようと思っています。Youtubeに他のプレイヤーの方々が指輪の位置の案内動画をあげていただいているのがとてもたすかっています。ありがとうございます。

steamのこの実績取得を狙っています

プレイ時間は200時間にちかづいてきました。まだまだ楽しめそうです。たぶん2週目にもチャレンジするとおもいます。すばらしいゲームをありがとうフロムソフトウェア!

ダークソウル3がおもしろい(いまさらw)
ダークソウル3: 信じることの不可思議な力

ダークソウル3:絵画世界フリーデ撃破!

ダークソウル3のダウンロードコンテンツ(DLC)である絵画世界のボス、フリーデをファーストキャラの両手斧ビルドで、やっと撃破いたしました。

まず戦略として、筋力によるダメージアップは上限に達しているようだったので、サポートとして奇跡や消費アイテムを使用することにより、両手斧で倒すことを目指しました。ちょっとだけ盾つかってもいいだろという迷いが生じましたが、両手斧に意味があると思いなおしました。

使用した奇跡としては、 HPがゼロになった時、一度だけ踏みとどまる ”惜別の涙”です。
消費アイテムは 一時的に出血、毒、冷気、呪死全ての耐性を高める 苔玉の実を使用しました。冷気対策です。

メインのラスボスを倒してすこし気が抜けてしまって、ダウンロードコンテンツのボスであるフリーデでつまって放置しておいたのですが、またやる気がでてきて古いセーブデータを掘り起こしてのクリアとなりました。

次は、もうひとつのダウンロードコンテンツである輪の都に挑みたいと思っています。

ダークソウル3がおもしろい(いまさらw)

私は”死にゲー”はダークソウル3が初めてだったのですが、両手斧一直線というロマンを追い求めた結果、持病が悪化しかけるほどイバラの道を歩んだわけです。それでも意地で、いちおう本編はクリアしました。

ダークソウル3: 信じることの不可思議な力

その後、いろいろな世間での話を聞くとどうやら盾がこのゲームでは重要らしいということに気が付きました。


初心者を中級者へと導く,「DARK SOULS」(ダークソウル)で死なないための5か条。これを読めば誰でもクリアできる(はず)!


そういうわけで、美女キャラのレシピをネットから調達して、新たに盾+直剣という王道を歩み始めました。

“あ~物理カット100%の盾はありがたい”これをいまかみしめています…

現在、盾によるブロックを攻撃の軸にすえて、ブロックして敵が態勢をくずしたところを攻撃、攻撃、攻撃というパターンができました。これだと、盾+槍のロスリック騎士なんかは、盾を構えたまま攻撃してくるので困っていたんですが、直剣の戦技である”構え”でこれも対処できることを学びつつあります。

黒い砂漠Mobileのようなスマホの画面タップ、タップですすんでいくゲームがある一方で、複雑なコントローラー操作を必要とするダークソウル3の楽しさを味わっています。昨日、フロムソフトウェアの新作で、ダークソウルの系譜と思われる隻狼が発売されたのでそれも気になりますね。

ダークソウル3: 信じることの不可思議な力

格闘技システマの指導者(元傭兵か軍人)の言葉だったと思うのですが、信仰がある傭兵のほうが体感では生存率が高かったということを聞いたことがあります。

その信じる力の不思議さは私も最近体験していて、まぁ、たんなるコンピュータ・ゲーム攻略での話にまでいっきに格が落ちますが(笑)。

Darksouls3というゲームを去年プレイしていました。アクションRPGでプレイヤーは死んで攻略法を見つけていくという”死にゲー”と言われるジャンルの本流の作品です。

で、私も何度も死にながら、どうにかこうにかゲームを進めていったのですが、どうしても、ラスボスのひとつ前のボス(兄弟二人を倒さなければならない)が倒せない。

ここで、私の基本信念は”ロールプレイングゲーム(RPG)の敵はこちらのキャラのレベルを十分上げていればいずれ勝てる”です。これはゲーマーとしてコンピュータRPGをプレイしてきたことからくる信念です。

でも、はっきりいって10レベルくらい上げたって、自分のキャラクターは数値的にはそんなに強くなっているとは思えないんですね。

とはいえ、この”レベルを上げることによるキャラの強化”を信じてコツコツレベルを上げるわけです。その間に何度も当該ボスにもチャレンジして討ち死にしています。

ここらへんで、試行錯誤が発生して、Youtubeで当該ボスの撃破動画を検索して参考にしたりしだします。

私のキャラクターは重装甲で防御し、巨大な両手斧の大ダメージを、殴られながら叩き込んでいくという、たこ八郎師匠のボクシング現役時代のような戦法でした。

今でも面白い現象だと思うのは、魔法使い系のキャラクターによる攻略動画で、布の服を着て一撃もくらわずにそのボス敵を倒している人のものを見たとき、”自分もできそう”と思ったんですね。

”なるほど、一撃も食らわないんだから鎧を着たりする必要もないのか”

と考えて、乞食みたいな恰好をして回避性能を上げてプレイしだして数十回当該ボスに挑んで、あと3発攻撃を当てれば倒せていたというところまでいきました。

“できそう”と思って信じて練習していると実際にできる方向に物事がすすんでいくこの感じは面白いなとおもいます。

結局、最終的には、普通の人がレベル80前後で攻略するところを私のキャラクターはレベル130くらいにまでなっていて、装備は中程度の防御と巨大両手斧でクリアできました。


「DARK SOULS」(ダークソウル)で死なないための5か条