ウィッチャー3:STEAMでたったの1676円

これはさすがにお買い得でしょうとしかいいようがないです(マンガ10冊分以上のボリュームのある物語です)。

STEAMのプレイヤーによる30万あるレビューでの”圧倒的に好評”が伝説の名作といってもいいことを示しているのではないでしょうか…

ウィッチャー3:Netflixドラマのシーズン1を鑑賞した感想

わたしとしては総合的に大満足です。ただ、時系列がゲラルト、イェネファー、シリで分かれているのでちょっと混乱気味に最初はなりました。

ゲームとしてウィッチャー3をプレイする立場としては、ゲームの前の話の流れを観ることができて満足です。

いまは英語音声で二度目の鑑賞をしていますが、リスニング力が弱いので英語字幕を表示させて楽しんでいます。

ウィッチャー3:いまでも味わい深い

ウィッチャー3をいまでも思い出してはポチポチと進めているんですが、やっぱり味わい深いゲームだなと。

いまのプレイの進め方だとトリスと結ばれるように選択肢を選んでいるんですが、でもイェネファーってやっぱり魅力的だなぁと…

気立ての良さがウリのトリス

自分が絶世の美女だと自覚があって、それを最大限利用しようと決意している女性にはフツーの感じの男はほぼたたかいようがない気がします。(じっさいゲラルトもテイのいいパシリです)

イェネファーさまとお呼び!

このゲームのスゴイところは、こちらの言動によって本当にその結果が色々と違ってきてどれが正解とかないところですね。手作業でよくこんなモノを作ったなと…

CDProjektREDの次作”サイバーパンク2077 “も期待できそうです。