Farcry5をプレイした感想

いま、エンディングまでプレイが終わりました。とても興味深い終わり方でした。

私は、Farcry3, 4, Primal, 5とプレイしたわけですが、5では自分の仲間として連れて歩けるNPCたちの挙動がとても気に入りました。

最大2人の仲間を連れて歩けるのですが、そのNPCである仲間同士が勝手に世間話をしたり、私が釣り上げた魚について感想を言ったりするんですね。ヘッドショットを決めれば、ほめてくれます。

まだ本当に人格を感じるほどには進化していなくて、同じことを繰り返し話したり底が浅いのですが、いよいよNPCに対してなんらかの人間的感情を持つようなゲーム体験ができる時代が近づいてきていることを感じます。

楽しい仮想体験をありがとう!

金策としては釣りより狩りのほうが効率がいいなと感じました(まぁ、私は釣りがすきなのでずっと釣りをしてましたけど。FF11ではフナを1万匹釣って太公望の竿をもってました)

忍者になりたいロードエンペラー

最近は”放置系RPG”なんてジャンルもあるようですが、友人がMMORPGのキャラクターに公式機能である自動放置狩りをさせている様子を見ていて、いよいよ面白くなってきたなと思いました。

RPGゲームなのに自分のキャラクターに最初に指示を出したら、キャラクターはちゃんといいアイテムだけを拾うとかやりながら延々と狩りをしているわけです。

また、Siriもまだバカですが、受け答えなんかも多少はできるようになってきています。

この延長線上には…


私のMMORPGキャラクター「マスター…」

私「なんや」

キャラ「私は今日も狩りをしていて、ふと、忍者になりたいなと思ったんですけど…」

私「バカヤロー、せっかく3次上級職のロードエンペラーになったのに、1次職のただの忍者になんかなったら、雑魚敵しか狩れなくて経験値もドロップもまずくなるじゃねぇか。」

キャラ「難しいことはわからんですけど、手裏剣を投げてみたいんです…」

私「お前なぁ、いかにぺぇぺぇの忍者の狩りが大変かわかっとらんだろ、手裏剣だってあれは消耗品だぞ、そこんところをよく一晩考えろ!」


このように緩い自我があるように感じられるキャラクターがあと30年もすればでてくるのではないでしょうか…




ビキニ・アーマーの天才性

ビキニ・アーマーというものがマンガやアニメ、ゲーム界ではあります。

ビキニくらいの大きさでしか身体を覆わない鎧です。当然といえば当然なんですが女性キャラクターが着ます。

私は初めてビキニ・アーマーというものがあると知ったとき、

「いや、それじゃ身体を守れないからビキニと鎧って矛盾しているだろ」

などという無粋な考えが頭に浮かんでしまいました。

ここらへんの思考の枠がやっぱり理系臭いというか、矛盾に耐えられないのですね、多分私は10回生まれ変わっても、ビキニ・アーマーという概念を思いつかないと思います。