哲学書「認識の彼岸」クラウド・ファンディング開始のお知らせ

趣味で、西洋哲学や仏教、ヨガなどで、いわゆる「バイブル」と呼ばれているような書物を一通り乱読した結果、わたくし、横須賀のジーヴァンムクタこと峯島雄治の頭脳の中に、東洋哲学と西洋哲学を融合したある種の”考え方”が生まれました。

このたびは、ぜひとも、その是非を世に問うてみたいと考え、出版準備に入りました。

つきましてはご存知の通り世知辛い世の中で、本を出版するにはお金がいりますので、この新しい考えをひとつ聞いてやろうじゃないかという奇特な方たちに、それを用立てていただこうというのが今回のクラウドファンディングの設立趣旨でございます。(哲学書の初版といえば、やはり紙の本じゃないと話にならないと考えております)

各種、哲学書や宗教書を読んでいるうちに、

「西洋哲学は人間の外側(物質界)を扱う」

「東洋哲学は人間の内側(精神世界)を扱う」

という形になっていることに気づきました。

また、西洋哲学は分析的で理屈っぽく論理的な理解を扱い、東洋哲学は直観的で理屈を超えた理解を扱うのだということも分かってまいりました。

そして過去の大賢人たちが示した方法論は、西洋哲学は近代科学という形で実を結びましたが、東洋哲学はまじないや祈祷のレベルにまで落ちぶれて衰退いたしました。

私は日本人つまり東洋人として生まれ育って、教育は西洋の学問を学びましたが、この東洋が負けている感じをものすごく残念に思っておりました。

ヨガの先生から聞いた、ヨガの達人のある逸話として、痛覚をコントロールできるというものがありました。その人は麻酔なしで外科手術を受けたそうです。

また釈迦は金・恋人・美食・名声・地位・財産など現世的な幸福からいかに自分の精神を一度、切り離すことにより苦痛・苦悩を滅することができるかを繰り返し説きました。

このように東洋哲学の可能性として、別に物質的に恵まれていても、いなくても、健康であっても、病気の中にあっても、自分の心の中ではめいっぱい幸せを感じるという心境を作れるはずなのです。

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」(身体は燃えるけど)

ということばもあります。

このいかに、物質的・精神的に安定してハッピーになるかを「認識の彼岸」を読んでいただければ必ず実践できることを保証いたします。とりあえず、1口2万円からのスタートとなっております。また、30万円だしていただければ、不肖峯島が個別指導をさせていただきたいと思っております。

あ!、今日は4月1日でしたね

Plant Rights財団(植物の権利財団)設立のお知らせ

私、峯島雄治は2017年4月1日をもってPlant Rights財団の設立を宣言いたします。

Plant Rights財団とは、植物には人間から搾取されたり残虐な扱いを受けることなく、それぞれの植物の本性に従って生きる権利があるとする考え方を広めていくのが目的の団体です。

生物という観点から見てみると、植物も立派な生き物です。人間は動物なので植物のことに共感しにくいだけです。それだからといって彼らを虐待したり搾取したりしてよいのでしょうか。

たとえば植物だって虫に葉を食われればそれを危機として察知して化学物質を放出します。つまり攻撃を受けていることを認識しているのです。

また複数の植物同志がお互いに空間を譲り合って葉を茂らす有名な現象もあります。つまり共生という概念を体現しているのです。

我がPlant Rights財団では当面は以下の三点を活動の中心として活動してゆきます。みなさまからの暖かい寄付をよろしくお願いいたします。

・日本で広く行われている植物へのひどい虐待である盆栽の撲滅を目指し、またこの文化が海外へ広がることを阻止します。

・植物を使った紙の完全廃止を目指します。

・ベジタリアンの肉食への転換を求めてゆきます。

 

永遠の悟り(サマーディ)を求めて

みなさん、こんにちは。峯島雄治です。

このたび私は、永遠の偉大なる悟り(マハーサマーディ)を求めて、ヒマラヤにいる悟りを開いたという噂の高い、ビムヨギ仙人の下で、修行をすることになりました。

家族は一切捨てます。財産も一切捨てます。仕事も一切捨てます。交友関係も一切捨てます。

出家です。

最終的には、日本の仏教の伝統に倣って、即身仏になることに決めました。

そういえば、今日は、4月1日ですか。