英語で書かれた古典、名著

A Treatise Concerning the Principles of Human Knowledge
(George Berkeley)

On the Origin of Species (Charles Robert Darwin)

Relativity (Albert Einstein)

The Modularity of Mind (Jerry A. Fodor)

Leviathan
(Thomas Hobbes)

An Enquiry concerning Human Understanding
(David Hume)

A Treatise of Human Nature
(David Hume)

Phenomenology and the Foundation of the Sciences (Edmund Husserl)

Patterns in the Mind: Language and Human Nature (Ray Jackendoff)

Critique of Practical Reason
(Immanuel Kant)

Critique of Pure Reason
(Immanuel Kant)

The General Theory of Employment, Interest, and Money (John Maynard Keynes)

Don’t Think of an Elephant (George Lakoff)

Two Treatises of Government (John Locke)

An Essay concerning Human Understanding
(John Locke)

An Essay on the Principle of Population
(Thomas Robert Malthus)

Principles of Economics (Alfred Marshall)

On Liberty
(John Stuart Mill)

The Language Instinct (Steven Pinker)

Word and Object (W. V. Quine)

On the Principles of Political Economy, and Taxation
(David Ricardo)

History of Western Philosophy (Bertrand Russel)

The Rediscovery of the Mind (John R. Searle)

The Sciences of the Artificial (Herbert A. Simon)

The Wealth of Nations
(Adam Smith)

Tactatus Logico-Philosophicus (Ludwig Wittgenstein)

Holy Bible

The Constitution of the United States of America

「英語は訳さず学べ」苫米地英人 著より




NHKラジオ英会話の薦め

NHKラジオ英会話のテキストは毎月14日発売で380円です。

NHKが一週間遅れで番組をネットでストリーミング放送しています。ここから録音データをとってきてMP3形式の音声ファイルにしてくれるWinCaptureStreamというフリーソフトがあります。これによって、いつでも好きなときにPCやipodなどで番組を聴くことができます。

MP3ファイルの編集ソフトも無料のものが公開されているので、スキットの部分だけを編集して聴くといったこともできます。

番組内容ですが、毎日、英語による会話を勉強することになります。使われている単語は簡単なのにその組み合わせで特定の意味をもつ表現などが豊富に勉強できます。

次のような表現が学べます。

・子供がお願いするとき”Pretty please with sugar on top.”

・目的地について時計をみて一言”We made good time.”

・”Just my luck!”自分は幸運といっているのか不運といっているのか?

・A:”I’m fixing myself an omelet. Want some?” B:”I’m good.” いるのかいらないのか?

・”I’ll text him.”

・A: “I’ve given up sweets.” B: “This is a first. Why?”

また毎週1つのアナウンスやコマーシャルなどをリスニングする”Listen for it”コーナーではナチュラルスピードで話される英語を聴くことができます。

私の”NHKラジオ英会話”学習環境




Eve Online シールド艦とアーマー艦をどう見分けるか

ある船をシールド艦として使うかアーマー艦として使うか、どちらか一方を選んでそのためのモジュール積むのが強くなる秘訣らしいです。シールドとアーマー両方を強化して使うといったやりかたは全体でみたとき、どちらか一方に特化した場合より弱くなることが多いということです。

また、船にはもともとシールド艦向きのものとアーマー艦向きのものがあります。

以下のような点を考慮してある船がシールド艦向きかアーマー艦向きかを判断します。

・ミディアムパワースロットの数が多ければシールド艦
・シールド関係のボーナスが付いていればシールド艦

・ローパワースロットの数が多ければアーマー艦

・アーマー関係のボーナスが付いていればアーマー艦

ボーナスの有無は船の情報ウィンドウの説明タブに記載されています。
シールド関係のモジュールがミディアムパワースロットを使うものが多いため、スロット数が多いとシールド艦として使いやすいということになります。
アーマー関係のモジュールはローパワースロットを使うものが多いため、このスロット数が多いとアーマー艦として使いやすいということになります。