未来かどうかという切り口でwillを使わないほうが良い

Call me when you ever come to Japan. 日本に来たら電話してね。

ここで、when you will ever come to Japan といったほうがいいのかという迷いが生じがちですが、これはWILLを未来のことを表すときにつかう言葉として理解してしまうことが原因です。

WILLという単語は名詞としては”意思”や”遺言”を意味し、その核には話者個人の意識が感じられる言葉です。

It will rain tomorrow. あしたは雨でしょう。

この言明を発している人の意識がそう”予想”していることを表します。

I’ll lend you some money. ちょっとお金を貸してあげる。

これは発話者のその場での”決意”です。

つまり、willを使うときは必ず”意識”する主体としての話者が感じられるのです。

最初の例にもどって、

Call me when you ever come to Japan.

では、you willを使わないことでyou自身やyouに対する話者の”意思・判断・予想”という側面を排除して、たんにそういう事態が生じたらという意味にしているわけです。


次の例文はwillが必ずしも未来に関係しているわけではないことを表しています。

She will be there by now. 彼女はいまごろはそこにいるでしょう。

彼女がそこにいると判断している話者の予想をこの場合のwillは表しています。




英語の未来に関する言明

We might start our own business. 私たちはビジネスを始める可能性もある。

We may start our own business. 私たちはビジネスを始めるかもしれない。

We will start our own business. 私たちは(このままいけば)ビジネスを始める。

We are going to start our own business. 私たちはビジネスを始めるつもりだ。

We are starting our own business. 私たちはビジネスを始める準備をしている。

下にいくほど、事態が進行していることを表します。




いまごろ映画ジョン・ウィックをみた感想

wikipedia ジョン・ウィックより


かつて裏社会にその名を轟かせた凄腕の殺し屋ジョン・ウィックは、5年前に最愛の女性ヘレンと出会い足を洗う。平穏な結婚生活を送るジョンであったがヘレンが病で亡くなり、生きる希望を失う。だが、ヘレンは残される夫を心配して仔犬を手配しており、その存在がジョンの新たな希望となりつつあった。その矢先、ジョンの愛車フォード・マスタング・BOSS429を狙った強盗に家を襲われ、車を奪われただけではなく仔犬も殺されてしまう。大事なものを再度失ったジョンは、復讐のため、裏社会へ戻ることを決意する。


まず、さんざん殺し屋として自分が死神みたいなことをして、だれかにとっては”大切な人”をいっぱい殺しておいて、自分は車を奪われ、子犬を殺されたら、逆上して破壊神みたくなって、マフィアを壊滅させる大暴れ。

この自制する感じがないところが振り切れててうらやましいというか、おもしろいです。

あと犯罪者が社会に暗黙の裡に組み込まれ、認められててホテルとか警察への根回しが済んでいるいるという設定が面白いです。

単純にスタイリッシュですね。