古事記(ふることふみ) 日本の神話

古事記(こじき、ふることふみ、ふることぶみ)は、一般に現存する日本最古の歴史書であるとされる[1]。その序によれば、和銅5年(712年)に太安万侶が編纂し[2]元明天皇に献上されたことで成立する[3]。上・中・下の3巻。内容は天地開闢 (日本神話)から推古天皇の記事を記述する。

Wikipedia 古事記
わかりやすく古事記の内容がまとめられています

神が”存在”するかどうかは詮索する必要がない

ある人のココロのなかに”神”というシンボル表現があることで、そのひとのココロという系(システム)が安定するっていうなら、他人がとやかく言うこともないでしょうということです。

信仰それじたいに意味がある

ダナーのブーツ

モノを愛する心をもった友人に紹介されて何年か前に購入したダナーです。

個人的にはお気に入りの一品ですが、革製品なので定期的にお世話をしなければいけないのでちょっとは手間がかかります。

陰謀論はおもしろい!

わたしの目にはトランプさん対大手のマスコミは本当にやりあっているように見えました。(マスメディアとしての体裁をかなぐりすてたような行動が目立ちました)

“トランプの乱”についていえば、ざっくり私の知っている大物の名前を使って表現すると、ロスチャイルド家(トランプ・イスラエル陣営) vs ロックフェラー家(大手国際企業)の内輪もめとみています。

乞食がながめる王族のパワーゲーム

まぁ、なんでもいいので、パワーゲームの勝者はワレワレ下層階級にもお情けをかけてくださいよって感じです。