映画:Man On Fire

アクションエンタテインメントの名手トニー・スコット監督が20年間熱望していた企画を実現。米軍で対テロ活動と言う名の暗殺に明け暮れた主人公が、一人の少女のボディガードを通して生きる希望を見出していく様を描いた感動アクション大作。主演は名優デンゼル・ワシントンに、名子役ダコタ・ファニング。

Amazon: Man On Fire

デンゼル・ワシントン演じる対テロ活動の暗殺者が、自分のしてきた行いを振り返って聖書を読む場面がたびたびあります(聖書を読むときはほぼ確実に酒も飲んでいます)。

「やっぱり、良心的なことを考えるときは欧米のひとは聖書をひらくのか…」という感想です。

戦友のクリスファー・ウォーケンは、南米で家族と小さな自分なりのパラダイスを作ってよろしくやっているわけです。

で、

デンゼル・ワシントン:「おれたちは、死後に天国に行けるだろうか?」

クリストファー・ウォーケン:「ムリ」(即答)

っていうくだりがあって味わい深いです。

わたしはできることならクリストファー・ウォーケン的でありたいと思っています。

クサクサ自分の行いの善悪を考えて酒浸りになるくらいなら、死後の地獄を覚悟して今はよろしくやるのがわたしの考える大人です。

たのしいひととき…

Emacs Lispをぼちぼちな感じでリハビリ中…

うまく復帰できたら何かパッケージ開発をまたやってみたいなと思っています。

星のドラゴンクエストをはじめました

本格派のMMORPGであるドラゴンクエスト10はちょっと疲れるなという感じがしましたので休止して、スマホで気軽に星のドラゴンクエストを始めてみました。

ドラゴンクエストは10が初めてだったのですが、なんとなくドラクエらしさみたいなのはフワッとわかってきた気がします。

クリエイターの堀井雄二さんが、コンピュータRPGの元祖的なウルティマとかウィザードリィにハマって、それをうまく初心者にもわかりやすく日本に紹介したのがドラクエだと理解しています。

ウルティマやウィザードリィについては、わたしはAppleⅡは例によって高くて手に入らず、どうにか手に入れた富士通のFM-new7とか、そのあと手に入れたFM-77AVで両方プレイしたような記憶があります。

それから月日が流れて、わたしもいろいろありながら、いまスマホで手軽にドラクエをプレイできている自分がいるっていうのも面白さを感じます。

プリコネR:アンナがちょっと好き

まぁゲーム内の設定として、ほんとうに魔法を使えるので全部がぜんぶ妄想ではないのでしょうけど、中二病的な言動が多くて、言っていることがよくわからないことも多いです。

こういう感じは嫌いじゃないので、パーソナルストーリーも全部鑑賞しました。主人公の騎士くんに、盟友のシグルドだということを否定されそうになって、人格が崩壊しそうになるところとか好きでした。

ただ残念ながら、ゲーム内のいろいろな場面で使おうと思ってもスグ死んだりしてあまり活躍させてあげられないのが残念です。

武士道と縄文はいまわたしのキーワードです

個人的になにか学ぶことがありそうとずっと思っています。

士農工商は身分制度じゃなく単なる職業区分だったらしいので、武士的なものをわたしも勉強してみるかなと思っています。

あと、縄文時代のことは正直まだよく勉強できていないんですけど、社会総体として現代社会よりもみながよろしくやっていたようなイメージを漠然と持っています。

NHKラジオ英会話を聴いているとなごむ

今週は母の介護関係でちょっとしんどくて月曜日からまったく聴いていなかったのですが、いまいろいろおちついて聴いてみたら、こわばったココロがなごむのが自分でもわかりました。

まぁ、わたしは英語が本当に好きなんだなと思いました。

まぁロックダウンせざるをえないんでしょうけど…

死を前提として輝く生

哲学(倫理学)でトロッコ問題というものがあります。小学校だか中学校だかで教師がこの問題をとりあげたところ、情緒不安定になる生徒がでて今後はそういう話題はやめるとなったとTwitterでみました。

わたしは中学あたりで一度、何のために生きるのかとかいろいろ生きる・死ぬということに関して公教育で生徒にガッツリと考えさせるべきだろうと思っています。

道徳の授業じゃなく哲学の授業として、自力で自分なりの死生観をもてないと、ちょっとしたことでうろたえたりして大人として成熟できないだろうと思っています。

パワーを持っている人たちがルシファー信仰してるなら…

その経典みたいなのがあるなら、ちょっと読んでみたいなと思っています。

フワッとしかルシファーのことは知らないですけど、ユダヤ教-キリスト教の流れでの堕天使で、神に反抗する者ですよね…それとかバール神とか…

それでいまの社会で天下取れているなら、ある種の”正解”なんじゃないでしょうか。

なぜ「悪の聖書」がないのか

わたしのヨガの理論面でのシータ先生はずっとインドで過ごしている方ですけど、そのまた師匠のインド人の老師に、ある生徒が悪だか地獄だかのチャクラ(そういうのがあるらしいです)を教えてくれって来たことがあったけど、老師は教えずに追い返したそうです。

母が帰宅

それはいいとして、病院生活で足が萎えてしまってひとりで立ち上がれなくなってしまっているという…

いや~正直いろいろ疲れました…

また痺れた頭をいやすのに黒い砂漠モバイルで釣りする日々になりそう…

わたしなりにつかんだ仏教のコツ

「ムキにならないこと」

ですね。たとえ善行をしようとしているときでもムキになってしまうとワレを忘れて感情の激流に足をとられることがでてきます。

なにごとも、一歩引いて冷静に考える余裕を確保してコトにあたるのがいいのかなと最近は思っています。

Skyrim: プレイスタイルはいろいろ

自分だけでプレイしているとそれが自分固有のプレイスタイルであることに気が付きにくいですが、ある女性Youtuberの方のプレイをみてひとそれぞれのプレイスタイルって面白いなと思ったことがあります。

まず、その方のプレイにわたしが驚いたのは、とにかくスリをしまくるんですねNPCとかから。クエストをくれるNPCと話してその相手のポッケに手を入れる、とにかくかたっぱしから盗もうとしている様子にわたしはちょっと軽いショックを覚えました。

いや、ゲームだからなにしようといいんですけど、わたしはスリって一度もやったことなかったのですごく新鮮でした。

そんなわたしもホワイトランで真昼間にいきなり狼男に変身してキャーとか逃げ惑う人々におそいかかったときはちょっと快感を感じて、オレもヤバい一面がありそうだなと思ったことがあります。

陰謀論でヘンな感じがすること

よく陰謀論では、世界支配層が被支配民であるわれわれにたとえば666という数字をいろいろなところに忍ばせてみせているとかいう言説があります。

それがほんとうかどうか、本当に世界支配層とかが存在するのかはこの際おいといて、まず、なんで自分が支配している民にこっそり666とかそういうサインを見せる必要があるのかさっぱりわかりません。

それとかイルミナティ・カードとかに未来に起こす予定のひどいことを予告してあるとか、支配層が被支配民になんで予定をこっそり暗示したりする必要があるのかさっぱりわかりません。なんか少しふざけている感じというか茶番劇という感じがするんですね。

黒い砂漠モバイル:大砂漠にて

大砂漠にちょっとずつ来るようになったのですが、まったりとクエストの敵の湧き待ちをしていると、遠くに他のプレイヤーの方がラクダで移動しているのが見えたりしてMMORPGらしくいい雰囲気だなと思っています。

砂漠の砂に足をとられて移動が遅くなるところとか、ラクダに乗っているときに足を組んでいる様子とか、砂漠っぽい雰囲気を満喫しています。

黒い砂漠モバイルはやっぱりいいゲームだなと思っています。手動操作と自動操作のミックスされ具合も気に入っています。

アメリカ軍もみとめたUFOみたいなのってほんとうに何なのだろう

「知らんがな」って返されておしまいになりそうですが(笑)

「UFO」の映像3本、機密解除し公開 米国防総省

米国防総省は27日、機密解除された「未確認の飛行現象」の映像3本を公開した。

同省は「出回っている映像が本物かに関する、人々の誤った認識を解く」ことが目的だとした。

今回の映像は、2007年と2017年に流出していたもの。

うち2つはこれまで、米紙ニューヨーク・タイムズが取り上げた。残りの1つは米バンド「ブリンク182」のボーカル、トム・ディロング氏が共同設立した団体によって流出していた。

これらの映像をめぐり、未確認飛行物体(UFO)の存在が明らかになったと主張した人もいた。

BBC News Japan

まだ可能性としてたんなる自然現象ってこともあり得ると思うのですけど、ナゾだなぁと…

プリコネR:よりまったりと

いろいろなキャラの種類が増えすぎて、それぞれの特徴をつかみきれなくて、ちょっとついてけない…という感じをもってしまって、しばらくプレイがとどこおっていたんでが、また、よりまったりと自分なりのキャラ育成に重点をおけばいいという気持ちの切り替えができました。


ヒヨリが★6で強くなった!

ヒヨリの★6が実装されていい感じに強くなったなと思っていまのお気に入りです。

カオリは★6に期待

いちばんのお気に入りのカオリはなかなか出番が少なくなってしまっていますが、★6がはやく来ないかなと思っています。

わたしは素朴な性格のビースト(獣人)が好みなのかなと思いました。

作図がおもしろい!

数学における作図とは、コンパスと定規のみでいろいろ描くってヤツです。

いま高校の数学Aの教科書での作図を勉強しているんですが、作図で加減乗除の計算をやってしまうところにシビれています。

まぁ、このエントリもおじさんのポエムになってしまいましたね(笑)

精神的疲労の発作みたいなの

じつは母がたまたまここ一か月くらい病院に入院していて、介護的な意味では精神的に楽なはずなんですが、これまでの疲れがたまっていたのか、精神的疲労のまさに発作とでもいうような、頭のうしろの首筋から後頭部までが痺れるような疲れがここ2~3日おきてました。

昨日なんかは、あたまの痺れが足にまで移って足が勝手にピクピクしだしたので、さすがにやばいと思って寝て安静にしていました。

持病の後遺症でしょうからしかたないですが、心身は大切にしないとなと改めて思っています。