認識系はいじれる

あなたがある場所に監禁状態であるとします。戦争で捕虜になったと考えてみてもよいです。で、一日中、地面にデカい穴をスコップで掘らされて、穴が大きくなったら、それを元通りに埋めるという作業だけをさせられると。

聞いただけで、ひどい拷問だと思う方もいると思います。ただ、あなたがココロの中で

「俺はいまヒョロガリで非力なので看守とたたかっても制圧されるだろう」

「この苦役を肉体のトレーニングとして利用して、いつか看守をノックアウトしてここから脱出しよう」

こう決意したら、毎日のくだらない無意味に思える苦役が、とたんに、希望につながる重要なトレーニングとなるはずです。

これは一例にすぎず、ほぼ無限に現在の行為に意味づけを与えてあげることはできます。

哲学書「認識の彼岸」クラウド・ファンディング開始のお知らせ