死を前提として輝く生

NetflixのSFドラマで金持ちは死ななくなった世界を描いたオルタード・カーボンをみています。 金持ちは四苦を免れる世の中になる 売春婦にあとで生き返らせるからと約束したうえで殺させてもらうとか、わたしが想像する通りの金持ちの腐りっぷりが笑えます(なんでそんなことしたいのかサッパリわかりません)。 シンギュラリティがくるかどうかとかありますけど、いまの社会では、基本、いつか死ぬぞということでしょう。(いままでホモサピエンスで死を免れたひとはひとりもいません。中国漢方の伝説の達人でさえ数百年生きて死んだという話です(あくまで伝説…)) 完成された武士の心境 わたしは、寿命が大幅にのびるってんなら、それはそれでまだ勉強したり、知りたいことがたくさんあるので、かまわないかなとは思っています。