ジミー大西さんが好き

昔から、なんとなしにジミー大西さんに好感をもって、活躍をみさせていただいていました。

なぜ好感を持つかというと、人間の型として非常にわたしと近い感じの人なのではないかと思っているからです。

いちファンの希望としては、お笑い芸人と画家の両立をしていただければなと思っています。