宗教団体「峯島インターナショナル」立ち上げのお知らせ

基本経典は原始仏典の「スッタニパータ」、「ダンマパダ」とします。

修行体系の指針を示した書としてヨガの「バガヴァッド・ギーター」を採用します。

ダンマパダ(法句経)がKindle化されていたようです
スッタニパータがKindle化されました
バガヴァッド・ギーターのメッセージ

心の健康は上記経典で確保し、体の健康はヨガ体操により確保します。

へんてこりんなポーズをするヨガは「創られた伝統」

宗教団体ではありますが、一切のカネのやり取りはナシです。あえていえば、宗教団体「峯島インターナショナル」から信者への資金援助は教祖の気が向けばありえますが、信者から教祖がカネを吸い上げることはありえません。

既存の宗教は金の流れが逆

また宗教団体の本部としてデカいビルとかを持つと、攻撃の対象になったりしてやっかいなので、じっさいの建築物などは一切所有しないものとします。

無所有

宗教団体「峯島インターナショナル」の教義は以下の一文で表すことができます。

善にしたがうこと流るるが如し

利他ではなく利全(利善)
善行は善であるがゆえに為す価値がある

発足記念として2020年4月1日夜8:00よりバーチャル集会をインターネット上で行います奮ってご参加ください。

昔から興味深いと思っていたこと

世の中には指導者といわれる方たちがいらっしゃいます。教師とかコーチとか監督とか宗教の教祖とかいろいろです。おもに年下の人を指導する指導者を想定しています。

で、有名どころのそういう指導者がかなりの割合で自分の教え子と結婚しているんですね。いちおう名前を挙げてしまうと迷惑がかかるので控えますが、驚くほどそういう例が多いです。

ここで断っておきたいのは、わたしはそういう指導者の方たちを非難する意図はないということです。ただ、すごく興味深いとは昔から思ってきました。

釈迦が断言、「煩悩に屈するぐらいなら我は勇ましく戦って死ぬ、このさい生死は問題ではない」

タイトルのようなことをスッタニパータかダンマパダで読みました。

まぁ、釈尊は自分の中の煩悩の存在に気づき、戦いを挑んで勝利したので仏陀になりました。で、こんどは他人にも煩悩と戦えとけしかけたわけです。

自分は自分の王・女王であるということ
自灯明・法灯明
死を前提として輝く生

Wikipediaによるとインフルエンザで毎年地球で29万人から65万人死んでいる

Wikipediaのインフルエンザのエントリをどうぞ

全世界では毎年300万人から500万人が重症化し、呼吸器系の症状により29万人から65万人の死者を出している[1]。先進国における死者は65歳以上が最も多い[1]。また病欠・生産性低下といった社会的コストも大きい[1]感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主といわれている。抗インフルエンザ薬としてタミフルリレンザイナビルゾフルーザなどが存在するものの、ウイルスはすぐに耐性を獲得するため[1]、その効果も備蓄するに値するかどうかが見直されてきた[4]

Wikipedia インフルエンザ

いっぽう今回の新型コロナウィルスは…

「数百万人が死亡する可能性も」 WHO事務局長が指摘

【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は26日、20カ国・地域(G20)が開催したテレビ会議形式の首脳会議で、新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的大流行)は非常に急激なペースで加速している」と危機感をあらわにした。「すべての国で積極的な行動がなければ、数百万人が死亡する可能性がある」とし、感染拡大を抑止する対策を強化するよう各国に呼びかけた。

@nifty ニュース

敵の強さを知る(新型コロナウィルス肺炎)

新型なのでわれわれが免疫をまだ持っていないだろうし、リスクの見積もりを取りにくいのが不安感がでてしまう原因かなと思います。

新型コロナウィルス肺炎が社会へあたえるダメージは、インフルエンザとの比較ではどうなの??

経済をまわしておかないと、コロナウィルスが直接の原因じゃなく、でも間接的にコロナウィルスによる社会への影響で死ぬ人が結果として増加する可能性はたしかにあるなと思います

人類VS感染症 果てしなき戦い

煩悩を原動力とした社会の限界というか破綻

だいたい経済をギャンブルにしている金融システムはやりすぎやろって感じです…

仕切っている連中はシステムを維持できるの??って…

そして煩悩の行き着く先がロリータ・アイランドってもうね…バカかと…

支配層(がいるとするなら)の仕切りが悪い…
マネーゲームの”マネー”はなにかがヘンな感じ
究極の大人(おとな)とは
神に対峙する(人間である)仏陀

ウィッチャー3:STEAMでたったの1676円

これはさすがにお買い得でしょうとしかいいようがないです(マンガ10冊分以上のボリュームのある物語です)。

STEAMのプレイヤーによる30万あるレビューでの”圧倒的に好評”が伝説の名作といってもいいことを示しているのではないでしょうか…

分数の割り算

[mathjax]

を分数の掛け算に変形できることを示そうという数学勉強ノートです。

割り算の定義を以下のようにするとします。(フィーリングなんで数学的厳密さは求めません)


$$a × b = c ・・・ ①$$

という実数a, b, cの間に掛け算の関係があるとき、

$$c ÷ b = a ・・・ ②$$

となるような演算(割り算)÷が存在するとする。また②が成立するときは①も成立するとする。


このとき次のような等式を考えてみると、

$$(\frac{a}{b} × \frac{d}{c}) × (\frac{c}{d}) = \frac{a}{b}$$

これは式①のような2つの数の掛け算の形の等式なので、式②に相当する÷を使った等式を考えると、

$$\frac{a}{b} ÷ \frac{c}{d} = \frac{a}{b} × \frac{d}{c}$$

が成り立つ。これで分数の割り算である左辺を分数の掛け算である右辺で表すことができた。

高校数学の美しい物語さんが書かれた上記の本をさっそく買って読んでこんなメモを書いてみました。

はなしあいに勝ち負けつける考え方は野蛮

なんかすごくヘンな考え方にわたしには思えます

議論は勝つもの?

こわせばいいってもんじゃない気がする…

よく「体制の打倒!!」みたいなことをスローガンにしている活動家の方たちがいるようですが、打倒したあと、以前より悪い体制ができたら本末転倒ですよね…

結局、あんたら自分がエラくなりたかっただけだろとか…

バカが世の中いじるとややこしいことになる

「じゃ、フランス革命は??」みたいに詰問されたら、「へへへ…」という…

鳩山由紀夫さんのこと

ルーピーと呼ばれたりして、わたしも一時は鳩山さんのことがバカっぽく見えていた時期がありました。

いまは鳩山さんなりに何かをしようとした結果がああなったのだろうと思っています。

デキルと思ったことがデキなくて、結果としてバカっぽく見えてしまったのだろうと。

一定以上の知性がバカっぽいことをやったように見えた場合、それなりの理由があるのかなというのが現在の感想です。

われ思うゆえにわれあり?

諸法無我とアートマン

まぁどっちでもいいんですけど…

あんまり我が強いと、その我によって苦しむでしょという…

映画:バニラスカイ

それとか、それってほんとうに”アナタ”ですか??とか…

Nenbutsuの現在の体重88キロ

しばらくまえに体重計をお姉ちゃんにあげてしまって、ヨガのポーズもやってなくて、最近なんかハラに肉があるなとおもって体重計を買ってみたらココまできていましたね(ストレス食いとかあったかも…)。

30代のころ90キロを超えていた時期もあることですし、また減量するか~という感じです。

というわけで、今日は一日プチ断食…(88キロもあると体にエネルギーがたまっているということか、食わなくてもなんの問題もなさそう…)

介護士&用務員はつかれる

人類VS感染症 果てしなき戦い

歳くったせいか、歴史の流れの文脈でいま起こっていることを理解しようという意欲がでてきました。上記動画は短くまとまっていてイイなと思っています。

Youtubeのテレ東NEWSチャンネルはいい動画を出してくれるなと前回も思って、今回でチャンネル登録しました。

新型コロナウィルスは中国への攻撃なのか

ということは、表の世界では永久にわからないことだと思いますので”陰謀論”のカテゴリにこのエントリは入っています。

こんかいのウィルス肺炎騒動でやっぱり対処しなければ、いろいろな形でいちばんダメージを受ける国は中国ではないでしょうか。

国単位としてみると、”攻撃”によってダメージを受けている国の中枢の人たちがそれが攻撃だと気が付かないとやっかいですね。

国といわれるほどの単位のグループを統治し、国際社会でサバイバルするには、やはり諜報活動ってのも大切なんだろうと思います。

事実として何が起きているのかがわからないなら、ほとんど先手を打つのは不可能に近い感じがします。(攻撃に対する対処におわれる)