人生をタタカイにする必要はない

この世の基本原理は(残念ながら)弱肉強食であるということ

わたしがタタカイ的なものとして人生をとらえていたのは、環境もあるでしょうし、わたしがもともと戦闘的な人物だったということだと思います。

タタカイにする必要がないひとはわざわざそうする必要もないでしょうと思います。

三途の川に浮かぶ男

ダンマパダ(法句経)がKindle化されていたようです

いま買ってたしかめましたが、本文から注釈へジャンプして戻ってくるということが手軽にできますね。

ブッダの真理のことば・感興のことば」という書名になっています。

いまわたしが興味があるのは、AIに「この本で記述されているような人格になりなさい」と指示して膨大な原始仏教経典を食わせたら、疑似ブッダAIができあがるのではないかということです。

仏教入門

経済現象と2次関数

数研出版 数学Ⅰ(118ページ)より引用


変化する量の間の関係を「関数」としてとらえる考え方は、自然科学、社会科学の中でもさまざまな形で用いられている。一例として、学校の売店で売られているパンの価格を考察してみよう。

簡単のため、パンは1種類のみであると仮定し、

  • 1個の販売価格をx円
  • 1個あたりの原価を70円
  • 1日あたりに売り上げる個数をy個
  • 1日あたりに得られる利潤をz円

とする。このとき、1個販売するごとの利益はx-70円である。一方、1日に売り上げる個数は、パンの価格が高くなると少なくなると考えられるので、yはxが増加すると減少する。そのようなxの関数yの例として、ここではyが

$$y=170-x (ただし、70≦x≦170とする)$$

という1次関数で表されると仮定しよう。このとき、利潤zは

$$z=(x-70)y=(x-70)(170-x)=-x^2+240x-11900$$

となり、価格xの2次関数となる。この式を平方完成すると、

$$z=-(x-120)^2+2500$$

という形が得られるので、1個120円で売るときに最大の利潤2500円が得られることがわかる。

ここで考えているのは売り手が1つしかない状況であり、店舗の間の競争などの影響を考えていない。現実の出来事をより正確に理解するためには、より複雑な考え方が必要となるが、その場合でも数学的な手法はなくてはならないものとなっている。経済学においても、いろいろな場面で数学が活躍するのである。

禁止のmay not, must notのイメージ

英語学習ノートです。

図書館の職員: Sir, you may not bring food or drink into the library.

may notによる禁止は何らかの権威がからむイメージで、この権威はたんなる家庭における親であるとかそういうモノを含みます。上記の例文では、いちおう図書館の職員がその場を仕切っているわけです。

We must not be late.

must notによる禁止は、主観が中心にあるイメージで、上記例文はまさに発話している自分が遅れてはいけないと判断しているわけです。

STEAMが春節セール!

鉄拳7を1600円くらいで手に入れました。

操作ボタンがストリートファイター5より少ない気がします…

積みゲーが多くてビデオ・ゲームのコレクターになって来ている気がします…

三途の川に浮かぶ男

三途の川に浮かんで、じたばたせず、流されるに任せているオコトというのが現在のわたしの自己イメージです。

まぁ、引くほど子供をつくってみるってのもアリですね…

社会に発生してしまう矛盾(理不尽)をのみこむのはタイヘン

矛盾(理不尽)をさけるなり、矛盾に巻き込まれてしまったらソレをなんとか飲み込めないと、社会に害をなすような存在になり果てることもありますね

まぁ、Netflixでドラマ”ブラックリスト”を鑑賞中ですが、わたしもイロイロと自分なりに思うところはあります。

ジェームズ・スペイダー演じる、元海軍軍人で国際的な犯罪者のレイモンド・“レッド”・レディントンが自らFBIに出頭し、免責と引き換えに情報提供を申し出る。自分の知る凶悪犯罪者の”ブラックリスト”に基づき、FBIに協力し様々な事件解決をしていく。当初からレッドはエリザベス・キーン捜査官に特別な好意を寄せ、やがてエリザベスの出生の秘密や国際的な陰謀が明らかになっていく。

Wikipedia THE BLACKLIST
社会に矛盾や茶番があっても人間のやる事なのでしかたない

”しかたない”ではすまないような壊れ方をしてしまった方たちには、なんとも言えない思いが湧きます。

自分は世間が作ってくれた作品

敵対的共存

“更なる秩序の崩壊を抑止”てのが重要ですね…

まぁ、バランス・オブ・パワーとか…

社会に矛盾や茶番があっても人間のやる事なのでしかたない

みんなのなかで自分だけ自転車を買ってもらえないヤツwwwwwwwwww

わたしは自分の家の家計がそういう状態ならしょうがないとフツーに思って、みんなが自転車乗っているのにあわせて、自分の足で走っていました。恨みとかそういう感情もいっさいなかったです。そのおかげかどうか、小学校では全学年で選抜リレーの選手になるほどの健脚でした(笑)

ただ幼稚園の頃、ミクロマンという人形がどうしても欲しくなり(超合金人形も持ってなかったし…)、母をそれとなくわたしの誕生日に”ボッコちゃん”というおもちゃ屋に買い物帰りにさそいだし、IQ138のトーク力で、その日はわたしの誕生日であることや、いかにわたしがその人形を必要としているかなどをたんねんに列挙して説得しようとしましたが、

「お父さんに相談してから」

という必殺技をだされてうやむやにされました(笑)