The roses are not as beautiful as you. (≠正確には

そのバラは君ほど美しくない。

not as beautiful as you は、たんに”バラの美しさ≠君の美しさ”つまり対等ではないというだけでなく、”バラの美しさ<君の美しさ”つまりバラの美しさが君の美しさに及ばないという意味になります。

ダークソウル3:アイテムハントが楽しい

この実績をうっすら狙ってます…

アイテム、おもに指輪の取りこぼしをポツポツと拾いにいってます。

2周目で+1の指輪が手に入るわけですが、次の周を攻略するのにも有用でしょうということと、あと、ちょっとしたコレクション気分ですね、ダークソウル3は武器とか防具、指輪を全部持ち歩けるのがいいです。

土人のひとたち…

とわたしが勝手にココロのなかで呼んでいるひとたちがいます。

うまいもの食いたいとか、いい性的パートナーを見つけたいとか、会社のすぐ隣の席の同僚より優秀でありたいとか目先の欲望に忠実な人というか、近視眼的に手近な欲望の充足を目指して日々の生活を送る人たちです。別にわるいことじゃないとはおもいますけど…(わたしとは流派がちがうんだろうなという…)


そういう土人的な雰囲気を少し感じるのに好きな人物はアメリカ合衆国大統領のトランプさんです。

ドナルド・トランプさんが好き
ヒャッハハ、見ろ!あの必死の顔をよ~!!

長期的に見た人格の完成とかはたぶん目指してない人たちですね

普通名詞(具象名詞)が抽象に寄るとき(具象と抽象)

She goes to school by bus. 彼女はバス通学だ。

普通名詞のschool(学校)が、文中で”学校で勉強すること”の意味が強くなって抽象よりになると不加算(抽象名詞)扱いで無冠詞になります。同様に”移動手段としてのバス”という抽象よりになると不加算(抽象名詞)扱いで 無冠詞になります。


[名](スル)事物または表象からある要素・側面・性質をぬきだして把握すること。⇔具象具体。→捨象

goo 辞書 “抽象”

I went to hospital. わたしは(診察・治療目的で)病院に行った。

I went to the hospital. わたしは(治療とは別の用事があって)病院に行った。

2020/01/15 追記:このhospitalの用法の考え方は英国流みたいですね。米国流ではgo to the hospitalで診察・治療目的で病院に行ったの意味になるようです(この場合はtheの抽象化機能が使用されている)。また大げさなケガや病気じゃないときは、see a doctorなんかのほうが自然かなということらしいです。

抽象名詞が具象に寄るとき(具象と抽象)

conversationはふつうに考えれば”会話”という抽象概念を表すので、抽象名詞です。そして抽象名詞は数えられない名詞ということで、ふつうは不定冠詞(a, an)はつかないと。

Conversation requires skill. 会話にはスキルが必要です。

とはいえ、”会話”というものの中でも具象よりのコトガラを指すとき、とくに種類を表すときとか、特定の”会話”を表すときなんかは不定冠詞がついたりすると…

I had a frank conversation with him. 彼と率直な話し合いをしました。

ダークソウル3:ハベル完全装備

カッチカチやで!

ハベル装備を一式と両手斧を装備して中量ローリングできるようになりました。

最近は不死の闘技でタイマンをちょこちょことしたりしています。勝ったり負けたりですけどイロイロなビルドのキャラを相手にするのを面白く感じています。

次はスタミナを増強する気ですが、その前に2周目のThe Ringed Cityをクリアしてしまうかなと思っています。

黒い砂漠モバイル:戦闘力9000突破!

深淵アクセサリーのおかげ

新キャラクターであるランの育成イベントのご褒美でもらった深淵アクセサリー一式で戦闘力9000を突破できました。

アカウント毎のキャラクター枠はめいっぱいに埋まっていたんですが、運営が最大数を増やしてくれたみたいで、既存のキャラクターを削除せずに、新キャラのランを育てることができました。

ランの武器がちょっと珍しいっぽいやつで、しばらくメインクエストを自動進行させて戦闘を鑑賞したのちに、音声をミュートして放置してたまに様子を見るという感じであっという間にLv55まで育ちました。

共産党が共産主義をやらない矛盾

わたしは共産主義は勉強したことないですけど、うっすらと常識程度には知っているつもりです。

中国共産党を批判するつもりはないですけど、

「あなたたち、共産主義で国をおさめているわけじゃないですよね?」

という疑問はもっています。

別の例では、「AIの発展を見据えて、AI産業に投資します」と言ってひとから金あつめて、AIとは関係ない会社にめっちゃ投資しているとか…

陸海空その他の戦力はこれを保持しないって言ってて、実質的な軍隊を保持したり…

わたしは性分なんでしょうけど、この手の矛盾に少しですけどイライラを感じます。

シニフィエとレフェランの齟齬に反応するというか…

釈迦がひとに言わなかったより大きなこの世の外側の枠組みを悟っていた可能性

ここでは、釈迦の人格がたんにひとから誉めそやされたり聖者としてもてはやされるだけが目的の俗物ではなかったと仮定します。

ノアだけはガチ

そうすると、あれだけ確信に満ちて人々を解脱させようとしたからには、なにか確信があったのだろうと(まぁ、大悟しているわけですから…)。

東洋の大哲学者たちの本領というのは、ひとりでピンときてしまうところなんですね。理屈じゃないわけです。

で、わたしがうっすら疑っているのは、現代人のわれわれでさえ理解していない、この世のさらに外側のなんらかの枠組みもしくはシステムを理解していたのかなと…

仏教と家族

上記エントリでも書きましたが、子供をこっそりもうけた愛弟子にマジ切れってちょっとなにかこの世のさらに外側あたりの仕組みまで理解していないとそういう態度をとらないのではないかと思います。

そのころのインドやネパールあたりでは輪廻転生がごくごく普通のコトとして社会で受け入れられていましたので、釈迦もその線にそったことを言っています。ただ、輪廻転生とは別のなにか仕組みを悟っていた可能性もまだあると私は思っています。(数百年前にタイムスリップした物理学者が、とりあえずこいつらには相対性理論じゃなくニュートン力学を教えとくかみたいな)

コレがわたしがアレをした理由です

ってなことを私たちは自分の行動の理由や動機を尋ねられたとき、日常的にもっともらしいことを言います。

「だけど、ソレって後付けだな…」

という感じをわたしは最近持っています。ある行為をしたあと、その説明を求められた時点で、理性の目で観て考えてもっともらしいこと言ってるだけだろうという感じが強いです。

「わたしがソレをするから、わたしはソレをやったんです」

という、因果律の時系列がアベコベなことぐらいしか言えないのではないかなと思っています。ある行為に理由をもとめるのは非常に難しいもしくは無理だろうと思います。いま流行りのAIにAIが出した結果の理由を尋ねるようなもので、単純に文章にして説明するのは難しいのではないかと思っています。グチャグチャのいろいろな事象がからみあったグラフみたいなのを示すことならできるかもしれません。