He (knows|knows about|knows of) Sydney.

「彼はシドニーを知っている。」という意味ですが、どれだけ深く知っているかの加減で、knows > knows about > knows of という関係が成り立ちます。

He knows Sydney. がもっともよくシドニーを知っていることを表します。

He knows about Sydney はもうすこし浅くしっている。

He knows of Sydney. がいちばん浅く知っているという表現です。(写真でみたことあるとか、地図でみたとか、”シドニー”と聞いたことがあるとか…)

英語で人を知っている(know)というときの注意点

元ネタは、NHKラジオ英会話 2019/10/02 放送回です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です