北極海の氷がとけたら海面がどうなるかの雑な説明

まず液体としての水(温度によって状態変化し、氷(固体)、水(液体)、湯気(気体)と呼ばれる)が凍って氷になると重量は同じで、カサ(体積)が増えます。(密度が小さくなる)

だれでも、冷凍庫で製氷トレイに水を入れて凍らしたら、できあがった氷は上のほうに少し盛り上がっているのを見たことがあるのではないでしょうか。これは凍らせたことにより重量が同じなのに体積が増えたからです。

ということで結論だけいうと、たとえば風呂桶に入れた水に浮かべた氷が解けても、風呂桶の水面は上下に変化しません。つまり、北極海に浮いている氷がとけても水面はかわらないと。


正確には、氷に垂直方向に働く力の釣り合いを考える必要があります。まず、下向きには重力がかかります。上向きには浮力がかかります。重力と浮力が釣り合っているのでプカプカ浮いたまま静止しているわけです。

で、この氷にかかる浮力はアルキメデスの原理によりきまります。

Wikipediaより


アルキメデスの原理(アルキメデスのげんり)は、アルキメデスが発見した物理学法則。「流体中の物体は、その物体が押しのけている流体の重さ重量)と同じ大きさで上向きの浮力を受ける」


北極海の氷は凍っているぶん重さは同じなのにカサ(体積)が増えてしまっているのでそのぶん水上にでてしまっているのですね。で、その氷がとけて水にもどったら、氷の時に水中にあったぶんのカサ(体積)にもどるだけなので水面は変化なしと。

液体としての水と氷の密度が違うというのがミソです。

東大のインテツ

子供の頃に読んだマンガに、”東大のインテツ”というあだ名の登場人物がいました。見た目は学生にしてはオッサンぽくて、髪の毛とかヒゲがボーボーという、ちょっとヘンなキャラでした。

「東大のインテツってなんだ…??」

とその当時こどもの私にはわからなかったのですが、成人してしばらくして、”東京大学のインド哲学科”のことだと気が付きました。


インド哲学(インドてつがく、darsana、ダルシャナ)は、哲学の中でもインドを中心に発達した哲学で、特に古代インドを起源にするものをいう。インドでは宗教と哲学の境目がほとんどなく、インド哲学の元になる書物は宗教聖典でもある。インドの宗教にも哲学的でない範囲も広くあるので、インドの宗教が全てインド哲学であるわけではない。しかし、伝統的に宗教的な人々は哲学的な議論をしてその宗教性を磨いている伝統がある。

Wikipedia インド哲学

インド哲学を専攻しても、卒業後に何をして食っていくのかタイヘンだろうなぁという感じですね。教授とかになるのはそれはそれですごくタイヘンでしょうし…

東大生はバラモンの夢をみるか?【インド哲学の教授に実態をきく】

東大発 オンラインメディア UmeeT

上記記事を読む限り就職とかはやっぱり東大卒となればどうにでもなりそうな感じですね。

人殺しが世界的なリーダーである世の中

ここで”世界的なリーダーである人殺し”とは、おもに国家の独裁者と言われている人たちです。

あえて名指しはしませんが、私はすぐに4~5人の名前が頭に浮かびます。

“人殺し”といっても自分で手を下しているわけではなくて命令を出しているだけですが、それでもまぁ人殺しといえるのではないでしょうか。これは、私情をはさまず、法にのっとって行われる日本における死刑などではなく、単に、”あいつらはオレに逆らうから”とか”あいつらはオレの権力基盤を脅かしそうだから”という自分の独裁者としての地位を守るために殺しているわけです。まさに独りで裁く者…

すこし、世の中を見る視点をひいて考えてみるとこれってスゴイことじゃないでしょうか。いまだに我々はそんな世界に生きているんですね。安倍総理も国際社会でそんな人たちと交渉しなくてはいけないってのはお気の毒だなと思います。

同じ競争の激しい企業内ではそんなことはおおっぴらに行われていないのになぜなんだろうという…

我々は戦闘民族の末裔であるということ
この世の基本原理は(残念ながら)弱肉強食であるということ

わたしはワーキング・クラス出身

と50歳を過ぎたいまになって明確に意識しました。(遅w)

まず、父は高校を卒業したあとすぐに海上自衛官になって死ぬまでやってました。

で、母親は中学卒業後に美容師になって国家試験に合格していたんですが、結婚と同時に父の希望で主婦にジョブ・チェンジしました。

で、いまさらですけど、わたしが育つ過程で親しく接していた親戚とか全員大卒はいなかったんですね。

まぁ、いまとなってはだからどうだということはないんですが、大学の同級生とかのお父さんは大学教授とか、有名レストランチェーンのエリア・マネージャーとかちょっとエライ人だったなと…

私が高校2年生(17歳)で、父が亡くなったとき母には高校を卒業したら働くって言ったんですが、大学までいかせてもらっていい経験をしたなと思っています。

Wikipediaより


労働者階級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (ワーキング・クラスから転送) ナビゲーションに移動検索に移動

労働者階級(ろうどうしゃかいきゅう、working class)とは、賃金雇用され、生産手段を持たない社会階級のことを指す。対義語は資本家階級(ブルジョワジー)。

いわゆるプロレタリアートのことを指すが、プロレタリアートは、特に無産階級と呼ばれることもある。

資本主義における階級として資本家階級と並び集団を作るもので、その起源は産業革命期にある。現在はその態様も職種によって様々であり、社会意識も一様とは言えない。

マルクスエンゲルスらは、彼らが団結して革命を起こして資本制経済を揚棄することが社会主義への道であると考えていた。


ダークソウル3:2周目 王たちの化身撃破!

やっぱり、操作が少し上手になっているんだなと少しうれしかったです。(まぁ、レベルもバカみたいに上げてますけど)

ファースト・トライで2周目の王たちの化身をサクっと倒せました。

今後もプレイは続行しようと思っています。ダークソウル3とは長い付き合いになりそうだなと思っています。

CODE VEIN買うかどうするか

母親の入院手続きとかお医者さんとの打ち合わせとかいろいろあって、また頭がシビれるほど疲れてしまいましたNenbutsuです…

ダークソウルライクなアニメ調アクションRPGということで、いまのところSteamで読むことができる購入者によるレビューは好評です。

私が特に興味がある自分の手下として動いてくれる味方NPCであるバディですが、なかなか賢い動きをするというレビューをさっき読みました。

バディの感じをプレイで実体験したいという欲望はありますが、仁王とかもまだ放置状態だしということで、どうするかなという感じです。それ以前に、今現在、疲れてしまって。

マウントをとりたい人

さらに上を出してくる感じ

あなたが武術家に武術をならっているとして、その武術家が稽古中に無意味にあなたからマウント・ポジションを何度もとりたがったら、「なんだろ、この人…」と思うのではないでしょうか。

これが、日常会話だと頻繁にマウントを取りに来る人がいるのが謎です。「あんた、ヘンだよ」という…

この世は基本闘い
人間の価値

Disease X(疾病 X)

WHOと世界銀行が「36時間以内に地球の人間を8000万人殺すパンデミックを起こす可能性」を懸念する《病原体X》とは一体何なのか?

In Deep 地球最期のニュースと資料

WHO(世界保健機関)世界銀行が正体が謎の”Disease X(疾病 X)”っていうのの脅威にたいして”懸念”をあらわしているらしいです…

「おいみんな! 謎の独裁者 Xに注意だぞ!」とか、「謎の隕石 Xの地球衝突に注意だぞ!」とか言ってどうにかなるんでしょうか…

とはいえ公的機関がそういう懸念を表明するということは、何か意図があると思うのですが、わたしごときプ~太郎にはさっぱりわからないという…。じゃ、誰に向けての懸念の表明なのという…。

哲学者「月は神ではなく岩である!」民衆「不謹慎な!追放や!」

月は神ではなく岩である。そう主張して追放された古代ギリシャの哲学者

カラパイア 不思議と謎の大冒険

まぁ、イエス・キリストに対しても感じたんですけど、その時代とか場面でそういうこと言ったら、そうなるってという…(RMSの最近の騒動にも似た構造を感じます)

イエス・キリストのこと

フリーソフトウェア運動開祖ストールマン、MIT職とFSF代表を辞任。エプスタイン献金関連で失言

engadget 日本版

“真実”を言わないではいられない人っているんだなぁという感じです。また、殺されたり、追放されたりっていう結末は本人もわかっていたと思うんですけど、言っちゃうんですね。

プリコネR:クロエをゲッツ!

ただでもらったチケットでガチャを1回まわしたらクロエがでました。

クロエのでてくるイベント・ストーリーとかを鑑賞して、

「ああ、この子は自分の優しい心が傷つかないように、こんな素っ気ない態度で自分を守っているんだな」

と思って、少しかわいい子だなと私としては珍しく思って手に入れたかったのですが、特に課金もしなかったわけです。

で、ゲットできたはいいけど女神の秘石でそだてるのって大変だな…という。

いま女神の秘石は水着カオリに使っているので、それが育て終わったらにするかという感じです。

最近、PvPのバトルアリーナやプリンセスアリーナでは、ネネカとか水着キャラとかいろいろ強いキャラを持っている人たちに勝てなくてランキングがジリジリと下降気味です。水着キャラの性能を把握できてないのが痛いです。

まぁ、メインストーリーを追えるのならそれで満足で、PvPはおまけ的に楽しんでいるからよいのですが。

搾取への対抗措置としてのベーシックインカム

社会の中で日常生活をしていろいろな場面を観察していると、残念ながら真面目な人ほど搾取的なものの餌食になっていることに気が付きます。馴染みのコンビニの店長が唇のまわりが紫色になるまで熱心に連日働いた末に、あるときを境に見かけなくなるとかそういうことです。あと死ぬまで働いてしまう過労死の問題とか。

ベーシックインカムが実現したら、社会が回らなくなってしまうほど、大多数の人が働かなくなるのではないかというのが注意点だと思います。はっきりいって私はみながどういう選択をするのかはわかりません。

ひとつだけ確かなのは、そういう人でも社会の中で消費者としては機能するだろうということです。

みなの死生観がかわれば世の中かわる

堀江貴文氏が「働かなくていい」と主張する2つの理由

NEWS ポスト セブン

UAP:未確認航空現象(Unidentified Aerial Phenomenon)

【決定版】米海軍がUFO映像を公式に認めた切実な裏事情とは? 事情通が暴露「UFOの正体、宇宙人、米軍の思惑、テロ」

TOCANA 好奇心の扉 トカナ

結論からいうと、以前はUFO(未確認飛行物体)と言われていたような、正体がわからん航空現象は”ある”と米軍もみとめたと。で、UFOという言葉は宇宙人の円盤とかのイメージが付いてしまっているのでUAP(未確認航空現象)という名前でこれから仕切りなおすと。

そりゃ、そういうのあるんだろうなぁ~って感じです。

私が興味があるのは、そのわけがわからん対象がなんらかの知性や意図の感じられるモノなのか、つまり、何か生き物てきなモノがかかわっているのかということです。

現段階ではまだなんらかの未知の自然現象ってこともあるでしょうし…

フェルミのパラドックス

【超話題】有名大富豪が「ガチのオーブ型UFO動画(10秒)」を公式ツイッターに投稿! 真面目なアカウントで…「宇宙人」発言も!

TOCANA 好奇心の扉 トカナ

ダークソウル3:2周目 無名の王撃破!!

ハベル装備のためにレベル上げしたりしましたけど、結局、うまく操作できるかってその一点が問題だったような気がします。

今回も、早朝起きたばかりのフレッシュな感覚で攻略したらうまく倒せました。

やったなぁという感じがジワジワしてます。

(たぶん)2ちゃんコピペ:ブッダ「弟子よ、”実体”なるものは存在しない」弟子「・・・???」 2019年09月23日 13:30 宗教・歴史


まとめサイト”うしみつ”に掲載されていたもののコピーです。法的に問題あるようなら消去します。 峯島


弟子「一体どういうことでしょうか」

ブッダ「弟子よ、お前は”家”というものが存在すると考えているか」

弟子「師匠、私は”家”が存在すると考えておりますし、その中で暮らしております」

ブッダ「では、ここに木でできた家がある。弟子よ、これは”家”と呼べるだろうか」

弟子「はい、言えます、師匠」

ブッダ「ではこの家から床を取り除くことにする。弟子よ、これは”家”と呼べるだろうか」

弟子「言えます、師匠」

ブッダ「ではこの家からさらに屋根を取り除くことにする。弟子よ、これは”家”と呼べるだろうか」

弟子「不十分ではありますが家と呼ぶことも可能でしょう」

ブッダ「ではこの家からさらに壁を取り除くことにする。弟子よ、これは”家”と呼べるだろうか」

弟子「師匠、これはもはや家とは呼べません」

ブッダ「お前は今まで”家”であると述べてきたものを”家”でないと言った。弟子よ、お前にとっての”家”は壁であったのか」

弟子「師匠、それは違います。壁がなくとも柱と屋根があればそれは家と呼べるでしょう」

ブッダ「では一体”家”なるものはどの時点で”家”となり、どの時点で”家”でなくなるのか」

弟子「師匠、それは我々の暮らしに安息を与えるものにできる時点でしょう」

ブッダ「つまり”家”なるものは個々人の思い方によって存在する時点が異なるというのだな。草原に生きる人は布の天幕にも安息の場を見いだすが、雨風の多い我がインドの地に生きる民はそうはいかない」

弟子「そういうことになりましょう」

ブッダ「弟子よ、お前は初め「家は存在する」と言った。しかし”家”というものなど初めから存在しないのだ。その存在は我々の心が作り上げたものでしかないのだ。」

ブッダ「同じことはあらゆるものに言える。存在は絶対的なものではなく、相対的に我々が生み出しているのにすぎない」

弟子「その点については納得しました、あなたが普段おっしゃられている”縁起”なるものはそのことですね」

ブッダ「そうだ」

弟子「師匠、確かにその考えは面白いものではあります。しかしそれが結局のところ、私の人生にとって何になるのでしょうか。私は空虚な言葉遊びを嗜むために家を捨ててきた訳ではありませぬ」

ブッダ「弟子よ、存在に囚われぬことで初めて我々は苦の呪縛から逃れられるのだ。我々が目指す地は、正にこの縁起の理解なくして辿り着けぬ」

ブッダ「我々はなぜこの世には”悪”なるものが存在するのかと心を悩ませている。しかし弟子よ、それは無益だ。”悪”などは初めから存在しないのだから。あらゆるものは我々が生んだ言葉でしかない、そこに絶対的な存在はないのだ」

ブッダ「それは”悪”のみではない。”善”も”美”も”快”も存在しないのだ。」

ブッダ「我々は往々にして快楽に溺れる。その欲望は無限に尽きることはないが、我々の力は有限だ。ゆえに我々は必ず手の届かぬ快楽を前にして苦に苛まれることとなる」

ブッダ「しかし弟子よ、案ずるな。快楽とは絶対的なものではない。それは初めから存在しているのでない。ただ我々の心が生み出したものなのだ。ならばそれは必ず克服できる。そもそも我らがそれを生まなければいいのだ」

弟子「師匠、我々はどうすればそれを生まぬ人となれるのでしょうか」

ブッダ「弟子よ、”美”も”快”も”名”も、そして”苦”でさえも全て『言葉』であることを知れ。それらはみな先の木の家である。我々がそれを生み出したことを知るとき、我々はそれらへの従属から解放される」

ブッダ「それらは絶対的存在ではない。ただの言葉なのだから」

ブッダ「あるゆるものが存在しないことを知るとき、我々はついに”存在”に対して執着することを止めるだろう」

ブッダ「その時こそ、初めて我々は苦から解放されるだろう」

弟子「”苦”から解放されようと考えてる時点で”苦”を実体として捉えてしまっているのではないでしょうか?」

弟子「それでは永遠に”苦”から逃れることなどできないのではないでしょうか?」

ブッダ「弟子よ、それはお前が自身で考えることだ。私はただ、お前より少し先に道を歩く者にすぎない」

弟子「師匠、そのような煙をまくような物言いをなさらないで下さい。その道の先に何があるかを教えろなどとは言いません。しかし、その道を歩く方法くらいは教えて下さい」

ブッダ「これを語ることはあまり気乗りがしないが、そこまで言うのならしょうがない、語ることにしよう」

ブッダ「弟子よ、お前の言う通りだ。我々が言葉の中で苦から逃れる方法を考える限り、解脱に至ることは永遠にない」

ブッダ「弟子よ、だから私は言う。考えるのではなく、感じるのだ。言葉を超えるのに言葉を用いてはならない」 

Don’t think, feel (考えるな、感じろ!)

ブッダ「『苦から逃れる』過程で『苦の存在を否定』すること、これは我々の常識からすれば大いなる矛盾である。苦を意識した時点で苦の奴隷となるが、目標が苦からの解放であるのに苦を意識しないというのは根本から不可能であるように思える」

ブッダ「この矛盾を乗り越える方法を私は言葉で説明することはできない、このことは言葉の範疇の外にあるからだ。」

ブッダ「私が言えるのはこれだけだ。お前がその矛盾を突き詰めて見つめ、もしそこに微かな光を見いだしたなら、迷うことはない、『全力で飛べ』 悟りはその先にある」

ブッダ「私の話は以上だ」

弟子「…失礼します」

言葉なるものを真剣に見つめ、「言葉」を乗り越えることに人生を費やしたブッダは、生前に一冊の本も書かなかった。
今、現存する仏典は全て後世の弟子がブッダの言葉をまとめあげたものである。

おわり 

「数式ということばじゃないと正しく伝わらない」問題

モラル・ハザード

がおもに社会の上層部で起きているのかなという感触があります。

職業倫理が後退してしまって、政治家なら政治家とはどういう心構えで動くべきなのかとか、校長とか、そういう職業によってラベリングされているわけで”校長とは”みたいな根源的な思考をたぶんしたことがないし、すればしたであまりにもひどい現状の醜さに人格が崩壊の危機にさらされるのだろうと思います。

ちょっとむかしは政治家なんて命がけにならざるをえなかったし、自分が正しいとおもって動いてもやっぱり意見の相違から暗殺されたひとなんかも多かったですね。

緊張感の欠如をいろいろなところで感じます。

サイボーグは我々を植物のように扱う」ガイア理論提唱者がガチ警告! ヤバすぎるノバセーン時代到来へ

TOCANA 好奇心の扉 トカナ

私は、解決策として校長とか政治家とかAIにやってもらえばええやろとかいう安易なこと考えてますが…

正直、AIには疎いんですが、ある人が言っていた言葉で、「チェスAIはチェス盤をひっくり返すことはしない」

つまり、最初の条件設定などをうまくやればその制約を満たす答えを必死に考えてくれそうですね。(ロボット3原則なんてのもありました)

いま護憲はアリかなという…

第9条
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本国憲法第9条

私の父は高卒→海上自衛官でした。今現在、自分の父のことを海外の人に英語で話すときは海軍の軍人だったみたいなことを言います。

ということで、憲法九条はとんだ茶番だなと幼いころから思っていました。

あと高校あたりからずっと今に至るまで政治にはほとんど関心がなかったのですが、なんとなくテレビのニュースとかをみていて、高校生の時点で、

「日本ってアメリカの手下っぽいな、まぁ、戦争で負けているししょうがないか(ドラえもんの、のび太とジャイアンみたいな関係というか…)」

という素朴な感覚はありました。

結論からいうとジャイアンに「お~い、のび太、中東(とか朝鮮)へ戦争しにいこうぜ~」って無茶ぶりされたときに、バックレる理由にするのに憲法九条は少し使えるのかなということです。(孫子の兵法にも最初のほうに実戦をせずにすむならそれにこしたことはないって書いてありますね)

あくまで政治とか軍事にうとい、いちおっさんのなんとなくの感想です。

戦争とか軍事的緊張を作り出して武器を売るってのはウマイ
我々は戦闘民族の末裔であるということ

GameMaker Studio 2を買って、すぐ返品…

む~、ゲーム作りたい熱が高まってsteamで買ったのですが、1時間後に考え直して返品しました。

GameMaker Studio2は主に2Dゲームを作るための統合開発環境で、出来自体はいいものだと思うのですが、気合入れてやるならunityとかのが有名なのだろうしとか考え出して返金してしまいました。

ある程度、歳をとると、最初の勢いのまま数ヶ月没頭するとかできなくなるものだと痛感しました。

steamの返金制度は初めて利用したのですけど、簡単にできて、まだウォレット内でpendingになっていますけど、一応処理は終わったとメールで知らせが来て、改めてsteamはよいなと感じました。