ダークソウル3がおもしろい(いまさらw)

私は”死にゲー”はダークソウル3が初めてだったのですが、両手斧一直線というロマンを追い求めた結果、持病が悪化しかけるほどイバラの道を歩んだわけです。それでも意地で、いちおう本編はクリアしました。

ダークソウル3: 信じることの不可思議な力

その後、いろいろな世間での話を聞くとどうやら盾がこのゲームでは重要らしいということに気が付きました。


初心者を中級者へと導く,「DARK SOULS」(ダークソウル)で死なないための5か条。これを読めば誰でもクリアできる(はず)!


そういうわけで、美女キャラのレシピをネットから調達して、新たに盾+直剣という王道を歩み始めました。

“あ~物理カット100%の盾はありがたい”これをいまかみしめています…

現在、盾によるブロックを攻撃の軸にすえて、ブロックして敵が態勢をくずしたところを攻撃、攻撃、攻撃というパターンができました。これだと、盾+槍のロスリック騎士なんかは、盾を構えたまま攻撃してくるので困っていたんですが、直剣の戦技である”構え”でこれも対処できることを学びつつあります。

黒い砂漠Mobileのようなスマホの画面タップ、タップですすんでいくゲームがある一方で、複雑なコントローラー操作を必要とするダークソウル3の楽しさを味わっています。昨日、フロムソフトウェアの新作で、ダークソウル3の系譜と思われる隻狼が発売されたのでそれも気になりますね。

プリコネRは駒を育成できる将棋

プリンセスコネクト Re:Diveを正直テキトウに数か月のあいだ遊んできた私ですが、だんだんと魅力を以前より感じるようになりました。

プリンセスコネクト Re:Dive(プリコネR)

物語を進めるうえでも、PvPでも、バトルが重要なのですが、勝てるにはどうしたらいいのかみたいなことは正直いままで深く考えず、”レベルを上げれば勝てる”くらいしか考えていなかったのですね。

そんな私もだんだんと各キャラクターに固有のスキルの説明などを読み始めました(遅w)。

で、ハタと気づいたのは、これは駒を育成できる将棋とも見られるなということです。最初は★一つのザコキャラでも、愛情をもって★5つまで育てればそれなりの活躍ができるんですね。将棋でいう歩を丹念に育てた結果、飛車なみの使い方に耐える駒になるみたいな。

今回、ルナの塔という定期的に行われるコンテンツに挑戦していて、この感じを強く持ちました。

ルナの塔は、1Fから始まって、2F、3Fとどんどんフロアを攻略して上階へあがっていくコンテンツです。で、本番の戦いの前に模擬戦といわれるものがあって、自分が組んだパーティがどのような戦いをするのかをシミュレーションできるんですね。このキャラはこういう特性だからどうだろうなんて、試行錯誤を繰り返している感じが、かなり知的なゲームをしている感覚を味わえます。

ビデオゲームは物語るための最新のメディア

フィクションやお話を広く人に伝える手段としては、まず紙に文字で書いて伝えるという方法があります。小説なんかがそうですね。

昭和の頃なんて、小説家が社会に与える影響はかなり今よりも大きかったのではないでしょうか。(なんで日本の文豪って自殺ばかりなのだろうみたいな余計な疑問も浮かびます)

まず言葉でつたえる、でも、もっとインパクトを与えるためには絵があるといい、さらに絵が動いて音もある動画がいいということで、マンガや映画、テレビなんかが流行ります。

で、さらにもう一歩進めて、内容にプレイヤーがかかわることができる対話性のあるビデオゲームが登場します。

私のお気に入りのウィッチャー3なんて、私の選択肢の選び方ひとつで、ゲーム内の国の存亡が変わってきてしまうほどです。

Witcher3をプレイした感想

そこから、さらにもっと没入感を深める技術として仮想現実(VR)がどうやらゲームの表現手段として立ち上がりそうです。

私もiphone8を去年せっかく買ったので、DMMでお色気VRムービーを一つかって、千円くらいの安いヘッドセットにiphoneを入れて体験してみたんですが、たしかに女性がサービスしてくれて酒を飲ませてくれる店に実際にいるような臨場感がありました。

最終的にはやはりマトリックスの世界なわけです。

いまごろ映画マトリックスの感想

マトリックス的な技術が可能になったら、徳川家の何代目かの(家康はたいへんそうなので)将軍体験シミュレーターみたいなのが出てくれば体験してみたいですね(笑)。