The Long and Winding Road to Satori

まず、悟りとは何かというと、涅槃寂静ということばで表現されているように、静かな心です。で、なぜ悟りを求めるかというと功利主義的には冷静な判断を下すためです。

激しい感情というのはポジティブであれネガティブであれ行動のエネルギーになったりして使いようがあるものの制御が非常に難しいです。

ヒリつくような快感というのも一度は経験してみるのも悪くないですが、強いドラッグと同じで追い求めすぎるとたぶん破滅がまっています。(そこらへんトランプ大統領がどういう心境で動いているのかとても興味深く思っています)

で、どのように他人を悟りへ近づけるかというと、たぶんAIとか色々なテクノロジーを使って脳の状態マップみたいなのが明示的に解析できて、こういう刺激を与えたらどういうマップの変化が起きるかみたいなシミュレーションをしたうえでないと、失敗したときの本人や周囲へのダメージがヤバすぎてやらないほうがいいというのが私の現在の感想です。

で、そういう悟りの心境への道は、各個人ごとにパーソナルなものであり、ヨガ体操の教室でいま行われているような、単純な授業形式のメソッドとして確立するのは非常に難しいと思っています。

スッタニパータとかダンマパダなんかの初期仏典を乱読したかぎり、釈迦は悟りを得た聖人はこういう状況ではこうふるまうとか、こういう心境でことにあたる、みたいな結果しか言っていないんですね。

で、ヘタに色欲をコントロールしようとして、女を絶ったりしていると、もともとゲイじゃなかった人がゲイになったり、小児性愛の傾向がなかったひとがペドファイルになるという倒錯がでてきたりしているのが、仏教界の歴史から見て取れます。

初期仏典を読む限り、釈迦のいっていることをやろうとすると、脳内の内部表現の書き換えをやるわけですから、間違うと、社会に壊滅的なダメージを及ぼす、とんでもない大悪人が出てくる可能性があります。

そういう意味で、私は自分の自己流のやり方を他人で試す気になれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です