教科書に書いてある…

高校時代の国語の授業で、先生が質問をしたけど生徒は誰も自発的に手を上げないでヘビとカエルのにらみ合いみたくなって…というありがちな日常のヒトコマで、

先生:「はい、じゃ、あてます、峯島、わかるか?」

私:「それは、~~~です。」

先生:「正解、なんでわかった?」

私:「えっ?? いや、教科書に書いてありますけど…(え?え?もっと因果関係とかそういうこと??)」


私の学生現役時代の”勉強”への認識は、教科書を”読めばできる”、”読まなきゃできない”というものでした。そういう感じだったので、大学受験でも予備校のたぐいには一切行ったことがなかったし、模擬テストもたぶん受けたことがなかったと思います。大学受験本番ではそのころあった共通一次テストというものでしくじって、本当は横浜国立大学へいきたかったのをあきらめて、私立の東京理科大学を受験して、”これは受かったな”という手ごたえが自分なりにあったので他の大学は一切受験せずにいて、結果発表も見に行かず翌日の新聞発表でやっぱり合格していたのを確認したという感じでした。

で、こういう具合のいわゆる”勉強”への認識がごく普通のこととかなり最近まで思っていました。理解力には各個人でバラつきがあってみたいなことを実感を伴ってハラの底から気が付けたのは、塾で教えさせていただいてからです。

世の中には、背の低い人もいれば高い人もいる、力持ちもいれば非力な人もいる。おなじ日本語で書かれた教科書を読んでもスッと理解できる人もいれば、そうじゃない人もいる。この今となってはごくごく当たり前のことに私が気が付くのに40年ほどかかっています。ただ、無意識のうちでは本当はわかっていたのに、それを意識の上に乗せると最悪、迫害をうけるというような配慮で、わからないふりをしていただけかもしれません。


日本人の3分の1は日本語が読めない?

無敵とかないから…

いろいろと世の中を見ていると、この人はいわゆる”無敵状態”に入っているなという人を見聞きすることがあります。

私の主張は、ごく限られた状況とかでは”これは勝てるな”みたいな読みが正しいことはあるでしょうけど、広く一般的に無敵なんて状態に生身の人間がなることはないというものです。


私の友人が小学生だったころ、放課後の教室で将棋が流行ったそうです。で、ある男の子がもともとちょっと将棋を習っていて本人としては自信があったようなんですね。その子の振る舞いがふるっていて、まず対局を始めると、王将の両脇にある2枚の銀を一手上へとあげるそうです。で、銀二枚上げ終わると…

「はい、無敵。勝ったよ」

まぁ…、小学生なんでほほえましいですみますが。いや、将棋はコンピュータで全手を計算可能ですからほんとうに、そこから必勝の手があるのかもしれませんが、その男の子がそこまで読めていることは到底ありえないだろうと…


私が塾で教えていた高校生の男の子があるとき、

「先生、兄貴から教えてもらったんですけど、MARCH以上の大学に入れれば人生無敵らしいです!」

イヤイヤ、私はたぶんその”無敵”のカテゴリーに入るんだろうけど、ゼンゼン無敵じゃないし…


大人になってから無敵とか言ってると最悪死ぬというのが私の持論です。

往年のクンフー・ムービースターだったブルース・リーさんも、その頃子供だった、いちファンである私から見ても、「この人はインタビューとか普段の振る舞い含めて、ほれぼれするほど無敵状態だな」と思っていたら、ああいう最後を迎えました。

そこらへんで矛盾するようですが、ある種の無敵状態っぽく見えるトランプ大統領にはほんとに無敵のまま、めでたしめでたしとなってほしいです。

映画「ヘンゼル&グレーテル」を観た感想

ヘンゼルとグレーテル“というと、あれです、魔女が住んでいるお菓子の家がでてきて、姉と弟がお菓子の家をがっついていたら魔女が…というグリム童話のひとつです。(私が子供だったころ、ひとつの”ヘブン状態”としてこのぜんぶお菓子でできている家というのは想像しただけで幸せな気持ちになりました)

この映画はそのお話があった後、姉と弟は成長してウィッチ・ハンターになり…という感じで続きます。アマゾンプライムで無料鑑賞しました。

正直言うと、「なんかB級映画っぽいし、おもしろくなかったらすぐに見るのをやめよう…」と思っていました。

で、結論から言うと最後まで楽しんで”B級なんだろうけど、なかなか面白いアクション映画だな”と思いました。

以下、私なりにおもしろいと思った点をつらつらと書いていきます。

・魔女がけっこう肉体的な武闘派として描写されている

悪者の魔女が魔法の杖を少林寺拳法なんかの杖術みたいに使いながら、主役たちとボカスカと戦います。魔法もいちおう要所要所で使うんですが、”魔法使いが魔法の杖で物理的に殴る”っていうところが私的にかなりツボに入りました。ホウキにのって猛ダッシュかまして逃げるとか…

・魔女の手下だがじつは心優しいトロールがでてくる

これは、私のちょっと変わった嗜好なんでしょうけど、トロールとかオークが好きなんですね。

・武器としてでてくる銃なんかが結構イカしている。

予算はそんなにかけられなかっただろうと勝手に想像しますが、カッコいい銃をジャキーンみたいな感じがよく絵作りにいかされています。

ストーリーはゲームなんかの一章分くらいの感じでしょうか、悪い魔女たちがあるたくらみをしているところに、名うてのウィッチ・ハンターであるヘンゼル&グレーテルが来てひと騒動あったのち一件落着という…