LispからCへのトランスレート

Lisp, Ruby, Pythonなどのダイナミックな型の言語をCへトランスレートするときに実行速度を気にするなら、いかに型推論をうまくやるかがキモだと思われます。

で、私は型推論に関してはまったくの初心者です(笑)

数十年前にMLかHaskellのチュートリアルをネットで読んで、これはいいものだなと思いました。

当時から思っていたことは、

「人間がコーディング中に考えて、型を特定してオプティマイズできるということは、そういう判断基準がこの世に存在するということ(あとはそれをコードにすればいいだけ)」

です。(そういう判断をするコードは計算量のオーダーが…という意見には、ゲリラ的に解決します!と答えます…)

で、そういうLisp to C translatorを書けたら私は成仏するんだと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です