平和をただ願うだけの人はうっとりするほど無力

まぁ、私のことなんですが…

私は自分の心に関しては50年近く付き合ってきただけあって、なにに喜びを感じ、何に苦痛を感じるかがだいぶわかってきて、いまは結構ハッピーです。

また、自分が直接触れ合う自分の家族についても、そこそこリーダー的な役割をこなして、平和でハッピーな家族だと思っています。

ただ、これがこと自分の心、自分の家族の外のことになると、自分でもうっとりするほど無力です。そういう地位にもないし…

私が望んでいるのは、熱狂的に支持される人気だけで、無茶なことをやるリーダーとかではなく、いまのいろいろな問題を”原理的”に解決する実行力とヴィジョンをもった人です。

「なるほど、そういうふうにやれば、世の中が平和にならざるを得ないですね」

とみんなが合理的に判断できるヴィジョンとそれを実行する胆力…。

たとえば、核兵器の放棄なんてのが良心的な人たちは好きですが、はたして、”武”を放棄するということがほんとに長い目で見た平和に結びつくのかとか(映画エイリアンみたいな化け物が地球に降ってきたときどうしますかとか…)

いまビデオ・ゲームのウィッチャー3をまたプレイしているんですが、最後にシリが女帝になることを選び、

「いくらウィッチャーとして優秀になっても、世界をかえられない…」

と自分の養父兼ウィッチャーの師匠である主人公ゲラルトに伝える場面は忘れられません。

人にはそれぞれ適性とか与えられた立場とかいろいろあって、私は残念ながら自分の心や家族をハッピーにするぐらいが限界なのかなと、強大な自我を抱えた私としてはすこし寂しい気分と同時にそれでいいじゃないかという満足感もあります。




ノアだけはガチ

いちじ、プロレスにはブックという筋書きがあってということがおおやけになりはじめたころ、ノアというプロレス団体の熱心なファンが某巨大掲示板で、「ノアだけはガチ」という主張をしてらっしゃったと聞いたことがあります。

その感じで、いち釈迦ファンとして、私は「釈迦はガチ」という主張をしたいです。少なくとも第三者が観測しうる限りにおいては、人々の心にある「聖者」の概念を体現しているように感じられたのではないでしょうか。

ある種、認めざるをえない言動をしたので千年、二千年と残ったのではないでしょうか。

ただ残念なのは、「聖者」はまがいものも数多くいるわけで、私の友人なんかも「全員がまがいもの」と思っているところですね。

自灯明・法灯明

釈迦は最後の旅路の途中で入滅するにさいし、そばに仕えたアーナンダに自灯明・法灯明の教えを残しました。

法(ダルマ)とは私なりの理解では、この世を統べる法則や道理といったところでしょう。こうすればこうなるみたいなのです。これには当然、物のことわりである物理法則、心の動きについての心理学的法則、人との関係性の社会学的法則なんかも含まれるはずです。

で、自灯明を言ったところがさすが釈尊といわざるを得ないのですが、自己(煩悩をコントロールした末にでてくる智慧による自己)をよりどころにせよといっているわけです。自ら考え・感じることを放棄して盲目的に何かに従うことを暗にいましめています。

釈尊は「俺の言ったことを守らないと、ものっすごい天罰でお前を滅ぼす」みたいな脅迫的言辞はいっさい弄せず、ただ、「そういう心持ちで動けば、そういう結果になってあんたは苦しむだろうな」みたいに諭すだけですね。

まぁ、私も釈尊の教えを自分なりに参考にさせてもらって、自分で若いころから気が付いていた「俺は自分の我の強さで死ぬことになる」という思いからいまのところ逃れて生き延びてます。