バガヴァッド・ギーターのメッセージ

Wikipediaより バガヴァッド・ギーターは、700行(シュローカ)[1]の韻文詩からなるヒンドゥー教の聖典のひとつである。ヒンドゥーの叙事詩マハーバーラタにその一部として収められており、単純にギーターと省略されることもある。ギーターとはサンスクリットで詩を意味し、バガヴァン(英語版)の詩、すなわち「神の詩」と訳すことができる。 私なりになんどかバガヴァッド・ギーターを読んで受け取ったメッセージは、 「なすべきことをなせ」 並列コンピュータの個々のCPUみたいに、個々人が自分がなすべきだと感じたり、考えたりしたことをやれば、当然、衝突することもあるでしょう、しかし、 個々の人々がなすべきだと(なるべくなら私心無く)感じたことをやった結果がどうであれ、それはしかたがないことである。 その結果はだれのせいというわけではなく、人類がだした演算結果として受け入れざるを得ないというのが私の最近の感慨です。