Be動詞が入った文は受動態でも進行形でも疑問文、否定文の作り方は同じ

Be動詞を使った文は、文型としてはSVCとして理解でき、Cが形容詞・名詞の普通の文、進行形、受動態、全部が同じパターンで肯定文、疑問文、否定文が組み立てられます。

肯定文:She’s beautiful.
疑問文:Is she beautiful? (Be動詞を先頭にする)
否定文:She’s not beautiful. (Be動詞の後にnotをつける)

肯定文:English is spoken in the U.S.
疑問文:Is English spoken in the U.S.?
否定文:English isn’t spoken in the U.S.

肯定文:He’s running in the park.
疑問文:Is he running in the park?
否定文:He’s not running in the park.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です