やめられないほど面白いことをやる

信じがたいことですが、こんな私が50歳近くになって、年齢の数字だけなら、もう若い人へアドバイス的なことをするような数字の大きさになりました。

ただ、私自身が「世の中はこういうものとか言うヤツはニワカ」という気づきを得ているので、なかなか若い人のサバイバルに役立つことが言えないのがもどかしいです。

それでも一つ言えるのは「やめられないほど面白いことをやる」。やめられないならやめなければいいんです。とことん追求してみましょう。

でです。マネタイズの問題とか、”面白いこと”が違法だったときのこととかは臨機応変に対処します。

たぶん、このやり方なら死ぬとき後悔の念が浮かぶことはないと思います。

私が小学生の頃、インベーダー・ゲームが流行って、近所の電気屋でそこの息子がずっとプレイしていて、それに怒ったおかみさんが、

「ゲームなんかやったってねぇ、すこしも金になんかならないんだよ!パチンコのがまだましだ!」

と怒鳴っていたのを今でも鮮明に覚えています。

まぁ、今はビデオ・ゲームをスポーツとしてとらえる新しい概念が立ち上がり始めました。もう億かせぐプレイヤーも世界にはいるのではないでしょうか。

面白いことを徹底的にやって、その結果はもちろん全部自分がかぶる。これでどうでしょう。

パワー論序論

パワー論とか偉そうなタイトルをつけてみたかっただけです(笑)。

私が母を連れて散歩をしていたとして、母がちょっと転びそうになったら、当然、私はパッと手をつかむなりして助けるわけです。また、そうすることを色々な方面からも期待されているのです。

なぜなら、その時、私にはそうできるだけのパワー(体格、視力、筋力、認知能力)がそなわっていることが誰の目からも明らかだからです。

感情面からももちろん助けますが、理性面からいっても助けないと面倒なことになるのです。

でです。むやみやたらと金とか権力を欲する人が多いのですが、そのパワーを自分が持っていると周知の事実になったらとうぜん義務的なものもそうとう生じるのですよと言いたいです。

そこがわかってねぇからそういう着地してんじゃねぇかと思いっきり突っ込みたい人が山ほどいます。

いまは、委員長とプーチンさんがどんな着地をするのかなぁと思ってみています。

 




ビキニ・アーマーの天才性

ビキニ・アーマーというものがマンガやアニメ、ゲーム界ではあります。

ビキニくらいの大きさでしか身体を覆わない鎧です。当然といえば当然なんですが女性キャラクターが着ます。

私は初めてビキニ・アーマーというものがあると知ったとき、

「いや、それじゃ身体を守れないからビキニと鎧って矛盾しているだろ」

などという無粋な考えが頭に浮かんでしまいました。

ここらへんの思考の枠がやっぱり理系臭いというか、矛盾に耐えられないのですね、多分私は10回生まれ変わっても、ビキニ・アーマーという概念を思いつかないと思います。

シン・ゴジラを観た感想

とても面白かったです。日本人ならわかる対人関係でのニュアンスや”偉い人たち”の面倒くささが重要なので、これは外国の方にはどこがおもしろいのかさっぱり分からないらしく、ああ、面白いと思える私は日本人なんだなと思いました。

が、

偉い人たちと技術的に詳しい地位が下の人が話し合う場面で、技術に明るい人が純粋に技術的知識を背景に自分の意見をいったら、その人の上司が他のお偉いさんにむかって、

「どうも部下が失礼なことをいいまして申し訳ありません」

的なことを言うのですが、私はどこがどう失礼なのか理解できませんでした。ここらへん、もう私もそういう”日本的な偉い人に対する口のきき方のプロトコル”が分からない日本人になってしまったんだなぁと感慨深かったです。

 




1/3=0.333333…は面倒な数?

[mathjax]

$$\frac{1}{3} = 0.3333….$$

というように、1/3は小数点以下に3がずっと続く循環小数として表記されます。ここから、1/3というとあのなんか無限に続いてしまう面倒な数というイメージをもっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、これはあくまで今のわれわれが位取り記数法で10進法を使っているから無限小数として表記されているだけなのです。例えば3進法では1/3は0.1と表記されます。6進法では0.2です。

つまり、別に1/3が本来的に無限小数でしか表記できない半端な感じの数というわけではないのです。

位取り記数法  wikipediaより


歴史的には、十進法が世界的に広まったのはフランス革命の革命政府メートル法とともに十進法を定めて以来であり、それ以前は国や分野により、様々な N に対する N 進法が用いられていた。


間投詞:Brr, Hmm, Ouch, Oops, Wow, Boo

2017年4月25日 NHKラジオ英会話 English Conversation Literacy

外に出てみると寒くて
A: Brr, it’s cold outside! (ウー、外は寒い!)
B: You’re right. I’ll put on my jacket. (そうね。上着を着るわ)

一考を要するので
A: We need a Plan B. (代替案が一つ必要です。)
B: Hmm. Let me think. (うーん。考えさせてください)

ちょっと棘が刺さって
A: These eggplants are from my garden. (このナスはみな、私の菜園からとりました)
B: Nice. Ouch. They have thorns. (いいですね。いたた。棘がありますね)

コーヒーをこぼして
A: Oops! I’m sorry. I spilled the coffee. (おっと!すみません。コーヒーをこぼしました)
B: That’s all right. Do you want a refill? (かまいませんよ。お代わりはいかが?)

新居に案内されて
A: Come on in. This is my new place. (どうぞ中へ。これが私の新居です)
B: Wow! What a view! (おぉー!すごい眺め!)

バンパイアの恰好をして驚かそうと
A: Boo! (ワァッ!)
B: Oh, you almost gave me a heart attack.(ああ、心臓が止まるかと思った)




千円の30%引きはいくらなのか

[mathjax]

大人の人には当たり前のことが中学生くらいだと良く分からないということが多々あります。

何%引きとか実生活でも普通に必要になる計算をまだできない中学生なんかは多いですね。

「30%引き」といったとき、何から引いているのかというのを考えます。そう100%からの30%引きなので、元の値段の70%で買えたという意味なんですね。

次に考えるのは、元の値段の70%とは実際にはなんなのかということです。これは、%を元の値段の何倍なのかという数字に直します。

$$何倍か? = \frac{何%}{100}$$

これは、100%って何倍かということを考えれば理解しやすいと思います。

$$\frac{100\%}{100} = 1倍$$

100%なら元の値段の1倍つまり、元の値段のままで買ったことになります。

では、今は70%は何倍かというと…

$$\frac{70}{100}=0.7倍$$

ですね。

当然、実際にいくらで買えたのは、千円を0.7倍してあげれば計算できます。

$$1000円 × 0.7 = 700円$$


もしくは、元の値段の30%は何円かって考えて、

$$1000円×0.3 = 300円$$

なるほど!つまり300円引きで、700円で買えるのか!という考え方のほうがこなれているでしょうか。

予測可能性:ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか?

カオス理論てなものがあります。

それに絡んでバタフライ効果というものもあります。

また、
風が吹けば桶屋が儲かる

ということわざがあります。

日本人もうっすらそういう因果の流れの果てに、とんでもないことが起こりえる可能性には気が付いていたみたいです。

ここでは、そういう原因と結果には、ほぼ人間の予測を超える関係が成り立ちえるとします。

いま、私が道を歩いていて、ご老人に道を尋ねられたとします。そこで善行をつみたい私は、丁寧に道を教えて差し上げたとします。

で、そのご老人は私が教えた道を歩いていて交通事故にあったと。

もちろん私は何の責任も感じません…が、何かの因果を感じます。これは比較的、観測しやすい原因と結果ですが、非常に長期にわたってそのご老人を観察した結果、明らかに私が道を教えたのがある種の原因となって10年後、そのご老人が命を落としたということも結果として(量子コンピュータなんかを使って)判明する可能性はあります。

善行や悪行とはなんなのかという疑問が残ります。




呼吸の重要性

呼吸がどれほど重要かは、たとえば、人間を10分間無酸素状態においてみればわかります。
死にますね。

いかに大量の酸素を効率よく安定して身体に取り入れるかは、特にパニックになりそうなときとか、恐怖を感じているときなど、感情を落ち着かせ理性的な判断を下すために死活問題です。

たとえば空手には息吹という呼吸法があります。すこし昔、千葉真一さんのモノマネで関根勤さんが面白おかしくやられていた”コゥー”というやつです。呼吸が乱れたときに強制的に良い呼吸をする技です。

近年注目を集めている、ソビエト連邦の独裁者ヨシフ・スターリンのボディーガードから教わったミハイル・リャブコ(en:Mikhail Ryabko)によって創設されたシステマという格闘技もパニックになりそうになったら、息をフゥッと吐けという教えがあります。

またヨガにもいろいろな呼吸法(プラナヤマ)があります。

私なりにいろいろな文献にあたってみて、ひとつ言えるのは、心身をリラックスした状態にもっていくのに、速く浅い呼吸が良いとしているものはまず無いということです。

で、人から聞かれたりしたときは、私は

「とりあえず、ゆっくり呼吸してみてください」

と言っています。深呼吸です。

 




掛け算を足し算として理解する(累加)

[mathjax]

累加(るいか)という理解の仕方らしいですね。

$$3 × 4 = 0 + 3 + 3 + 3 + 3$$

$$3 × 3 = 0 + 3 + 3 + 3$$

$$3 × 2 = 0 + 3 + 3$$

$$3 × 1 = 0 + 3$$

$$3 × 0 = 0$$

$$3 × (-1) = 0 – 3$$

$$3 × (-2) = 0 – 3 – 3$$

$$3 × (-3) = 0 – 3 – 3 – 3$$

$$3 × (-4) = 0 – 3 – 3 – 3 – 3$$