Final Fantasy XIIIをプレイした感想

Final Fantasy XIIIをクリアいたしました。XIIIは13ですね。

ファイナルファンタジーを最後にプレイしたのはFF6ですかね。FF VI (6)のスーパーファミコン版は1994年発売らしいですから20数年ぶりのファイナルファンタジーですね。

 

 

結論からいいますと2回プレイをし直しました。そして楽しかったです。

美しいイベント・ムービーとよく作り込まれたコマンド入力式の戦闘システムが秀逸です。


まず、初回のプレイでは、

「お、マップが一本道だな…まぁ、怒りはわかないけど、この一本道っぷりは驚くなぁ」

「なるほど、数年前に発売されたゲームなのに、ムービー・シーンは最近プレイしたWitcher3と遜色ないほど美しいな(髪の毛が風になびく様子とかとか)…そういえばFFシリーズの売りの一つはグラフィックだったなぁ」

「ふむふむ、わかった、このゲームはムービーをプレイヤーに見せるのがメインな感じだ」

「ええねん、ええねん。Aボタン連打でどんどん一本道マップをすすんでいけばええんや。」

「道端に落ちているアイテムとか拾うの面倒だし、俺は乞食じゃねぇからな無視無視。」

「ふむふむ、一本道にいるモンスターは強すぎるのもいるから避けるのも手ですってメッセージがでてきたから、よけられるモンスターは全部避けて通ろう。」

「なんか、避けられない雑魚敵にもてこずるようになってきたな…」

「…中ボスを倒せなくて詰んだ…。真面目にやり直すか…」


で、2回目のプレイでは、アイテムも拾って、雑魚敵もできるだけ倒して、キャラのメイン・ロールのレベルアップに励んでいたんですが、武器やアクセサリーの強化とか、バフやデバフのアイコンや魔法の種類とかだるいんで把握しませんでした。

で、また中ボスを倒せなくて詰みました。

「もっと真面目にやり直そうw」


で、三度目の正直で、アイテム強化とかバフやデバフ効果の把握、とれるロールはマックスまでレベル上げした結果、ラスボスにも余裕で勝利できました。

さすがに、私の歳になると熱いストーリーに慣れるのに若干の時間がかかりましたが、それも適応できました。

また、キャラクターのモデリングもWitcher3なんかの肉感的な女性の表現になれた目で見ると、最初は、なんだこのガリガリな少女たちは…となりましたが、そういう日本的なマンガ的な表現もありだなと思い、最後にはヴァニラという少女なんかもかわいく見えるように目が慣れました。

これが2千円ほどでプレイできるならかなり安い買い物じゃないかなと思いました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA