台形の面積は三角形の面積として理解

[mathjax]
小学校で習う台形の面積の公式は次のようになります。

$${台形の面積=\frac{1}{2}\times(上底+下底)\times高さ}$$

ここで、なにかこの公式は見慣れたものと似ていないでしょうか?
そう三角形の面積の公式とそっくりなのです。

$${三角形の面積=\frac{1}{2}\times(底辺)\times高さ}$$

つまり台形の面積は上底+下底を底辺とする高さが同じ三角形の面積として理解することができるのです。
それは、中学で習う三角形の等積変形という技をつかいます。図で示せればいいのですが手軽に描けるツールがないので言葉にすると、台形の上底と下底が台形の定義により平行であることからそうなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA