パワーを持っている人のたたずまい

アメリカで活動するイタリア系マフィアを描いたゴッドファーザーです。

葬儀屋の娘が街のチンピラにひどいことされて、葬儀屋は「良きアメリカ人」として警察に行ったら、裁判でそいつらに執行猶予がついてしまって許せないと思った葬儀屋がゴッドファーザーにすがりにきている場面です。

マーロン・ブランドの貫禄がすごいなぁとただ感心するばかりです。

ゴッドファーザーの中ではロバート・デュヴァル演じる養子の弁護士が好きです。

仲間にするなら、怖いけど朴訥としているルカ・ブラッツィみたいなひとがいいですね。

「パワーを持っている人のたたずまい」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です