映画:モナリザ

若いころ悪やって、友人のために刑務所行って出てきてその友人に会いに行ったら、またいいように使われて、別れたカミさんに娘とられてウザがられて、そういう中年男がまた懲りずに恋をするという話。

ボブ・ホスキンス が主演します。

私の抱える問題点は、1986年(私は18歳くらい)に見た当時から一貫して私の目には、こういう主人公がヒーローもしくは、聖人に見えてしまうというところです。

ネットをちょっと検索してショックを受けたのは、こういう男は世渡りの下手な”バカで面白い男”という見方が多いということです。

そりゃ、俺も出世しねぇわなと思います。

ただ、主人公、ジョージは「幸せか?」と聞かれて、「ああ、幸せだ」と答えます。それだけでいいのかなとも思います。


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です