人にものを教えるということ

人にものを教える、とくにお金をもらって教えるということは、その対象分野において、生徒の10倍から100倍くらいの余力があって初めて成立するものではないでしょうか。

余力があるのは、まだ単にスタート地点に立っているというだけで、そこに、どう伝えるのかという一群のスキルセットがまた別に必要になるはずです。




Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *