これから1週間の休暇

怒涛の春期講習も終わって、明日から一週間休塾なので、私もお休みとなります。

すこし酷使ぎみの身体と心を保守しようと思っています。




ヨガの練習をさぼっていたら…

この一か月、またこの一週間はとくに塾が春期講習でヨガの練習をさぼっておりました。

そうするとどんなことが起きるかというと、今朝、起床しようとしたら腰がどんより痛いわけです。

私はそういえば、もともと腰痛もちだったなあと数年ぶりに思い出しました。

こういう身体の不調にわずらわせられたくないというのもヨガを始めたひとつの理由だったのを思い出しました。

人間、調子にのるとろくなことがありませんね。

ヨガの練習もいくら忙しくても、というか忙しければ忙しいほど、時間を見つけてやろうと思いました。





この世は糞ゲー

ゲーマーのみなさん、こんにちは。念仏(ねんぶつ)です。

ゲーマーとしての私の「この世は糞ゲー」という見識は変わっていません。

まず、何をもって糞ゲーかというと、いくらでも理由はありますが、1つ例をあげると、「他の生き物(動植物)をぶっ殺してそれを食うという行為をしないと自分の生命を維持できない」これだけでもそうとうな糞ゲー臭がただよいます。

でも、あのスヌーピーの有名なセリフにあるように、「配られたカードで我々は勝負(サバイバル)せざるをえない」わけです。

そういう糞ゲーで何をするか。どう楽しむのか、早めにリアイア(解脱)するのか、一切は自由です。

なんで、こんなことを書いているかというと、私はこの世でのゴール設定に困っていたからです。

私は、「どんなことでも十分な時間(それが1週間のこともあれば10年、100年、3千年、1億年のこともあるでしょう)を練習(修業)にあてれば、必ずできる」というある種の万能感を45歳のいまでも持っています。

そして、そういう万能感を持って何をするべきかを考えて、やっと自分にしっくりくるゴールというか長期目標が設定できました。

それは20年後に「保護司」という無給の職業を務めることです。

仏教はこころの合気道

英会話のレッスンで仏教についてリトアニアかどっかの先生に説明していたら、彼女がそう言いました。なるほどと思いました。

つまり、心に次々とわき起こる欲望をいかに受け流し制圧するかの技がいっぱいつまったのが仏教というわけです。

そういうことができるように、脳を日々トレーニングすることが合気道の稽古にあたるというわけです。

Image004

最近の心持ち

最近、やっと塾の個別指導になれたと思ったら、土曜日に集団授業を1コマやることになりました、それも理科です。これは私にとって結構なチャレンジです。

また、日曜日には年配者向けのデイケアセンターでヨガのレッスンを1人でやることになりました。これもチャレンジです。

正直、脇汗とまんないっす。

また、その他の方面でもいろいろと人間関係で対処しなくてはならないゴタゴタとかあったりして、これも疲れました。

将棋の駒師でゲーム友達のTさんと「この世はとんでもない糞ゲーですな」と話し合っているところですが、まぁ、糞ゲーなりに楽しんでます。

そんなわけで、元気にしてますが、正直「おてんとうさま、私もぼちぼちいい歳ですよ」とすこし嫌味を言ってみたくなります。