つぎはぎ仏教入門

呉智英さんは私も若いころ、「バカにつける薬」とかよく読みました。好きな評論家の方です。この人があの知る人ぞ知る「キツネ目の男」宮崎学さんと大学で友達だったのを知った時は、世の中いがいとつながっているなと思いました。

この「つぎはぎ仏教入門」も当然読んでいます

この本に出てくることは、原始仏教をかじった身としては、知っていることばかりでしたが、逆に、仏教とかにはまっていない人はこういう認識すらないのかと参考になりました。

ひとつだけ、新しく知ったことは、仏教でいう「善因善果」と「悪因悪果」の概念が世間で思われている「善」ではないことで、ああ、やっぱりそういうことかと得心しました。

最近私にとって衝撃的だった体験を話すと、私の塾での教え子のおじいちゃんの家がお寺さんでした。

そこで、私が、ふざけて、「じゃぁ、○○君の家で修業させてもらおうかな、でも、俺は酒もタバコもやるし、それをやめてからかな(笑)」

それに対して○○君は、「先生、いまどきよっぽど宗教にはまっている人じゃない限り、お坊さんでも酒もタバコも普通にやりますよ」という言葉でした。

いやいやいやいや、お寺さんって宗教家やん!!!!!という突っ込みをかろうじてこらえた私がいます(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です