コンピュータは数学が苦手?

「コンピュータって意外と数学は苦手なんだよね」

先日、友人との会話でこんな以前から私が思っていたことをポロッと言ってしまって、その場にいたチポヤさんとCagayakiさん2人に反論をされてしどろもどろになりました。

私は、最近のコンピューティング事情に疎いんです。と逃げを打っておいてから、自説を開陳させていただくと、いちおう、そうとうまえからウルフラムさんのMathematicaやクヌース教授のTeX、LispのMaximaとか、MathMLなんかがあるのは知っています。

すこし考えて、どうして”コンピュータは数学が苦手”というイメージを私がもっているかを整理しました。

1:数式を手軽に他人に渡すための一般に普及したフォーマットがないような気がする。自然言語にはプレインテキストというフォーマットがあって私にはこれが廃れる理由がみあたりません。いまでも私はプレインテキストで自分のいろいろな情報を保持・管理するのが好きです。最近になって、中学生向けの教材を作るためや翻訳関連でやっとワードを使い始めました。ワードファイル形式もそうとう普及したから、これでファイルを保持していても将来ワードが廃れて保持していた情報が腐る可能性が低くなったかなと思っています。

2:コンピュータは無限という概念を扱うのが苦手な気がする。
最近では、さまざまなプログラミング言語でbignumやrational numberがデータ型でサポートされていますが、いまだに電卓で√2 * √ 2 = 2 とか、1 / 3 * 3 = 1にならないわけです。これはなんかヤな感じがするな~と思っていました。

これらのことに対する、総論としてのチポヤさんの反論はでも気象シミュレーションとかあれ数学がんがんつかっているわけでしょうというものです。

Cagayakiさんの反論は1:については、数学にかかわる者でMathematicaを持っていないということは考えにくい。一般人に数式を渡すときは、PDFに変換してわたせばいいというものです。また、2:についてはそこまでの精度は世の中の要求が十分ないから発達していないだけといいうものです。また、理工学系の学生は関数電卓をもっているでしょうということでした。

なんか話がかみあっていない感じがしますが、チラシの裏にメモ感覚でちょっと書いてみました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です