Lisp in Small Pieces

がアマゾンで一冊だけ在庫があったので衝動買い。以前に買えれば買っていたはずの本なのでたぶん絶版になっていたのかも。

まるまる一冊がLispの中身(インタプリタとコンパイラの実装)にあてられている。
この本ではLispの実装につかう言語としてSchemeを使っているけど、それをelispに書き直しながら読んでみようかと思っている。
また実装につかう道具をSchemeから最終的にはλ-calculusにまで落とし込むらしいので、ぜひ理解したい。
この本を参考に、簡単なスタックマシンへのCommon Lispコンパイラを書いて中途半端になっているSaclaプロジェクトを復活させたい。最初にelispでVMとコンパイラを書くつもり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です