個々の人が最低限の誠実さを持っていないと社会がうまくまわらない

他人がいちど使ったマスクを集めてそれを売るとか、米だといってプラスチックの米マガイのものを売るとか、高級官僚が妻や子供をアメリカに移住させておくとか、いろいろ中国はすごいところだなという話はきいています。

わたしがある種ホッとしているのは、そういうごくごく狭い視野で個人が私利私欲を追求すると国がどうやらうまく回らないらしいということがいまの中国で証明されつつあるところです。

世界を統一して覇権をとる人たちがいるとしたら…

動画投稿版の2ちゃんねるが必要

まぁ、主催者がよっぽどハラが座ってないとすぐつぶされてしまいますね…

必要と書きましたけど、”ウソをウソと見抜けない人は”の言葉にあるとおり、それが良いことなのかは正直いってわたしはわかりません。しかし、わたしは大学生のころから伝説の雑誌”噂の眞相“なんかも読んでいたこともあり、ガセが大半でもそのなかに一片の真実が含まれているなら知りたいと思うようなニンゲンです。

神に対峙する(人間である)仏陀

神ってのはやっぱり人間ではないですよね。それよりももっと上等な存在なのではないでしょうか。

対して釈迦を含む仏陀ってのは明確に人間であるといえます。ただ考え方や感じ方や行いが非常に上等になった人間です。

われわれと同類のニンゲンで神と比べても劣らないような、釈迦が伝えた究極の大人といえるブッダが歴史上で何人かいたであろうというのは、自分との連続性という点で、ちょっとホッとする面があるなと私は感じます。(とはいえ上等なニンゲンばかりじゃなくてもいいとはわたし個人は思いますけど…)

釈迦は原始仏典を読む限り、物理世界に対して海を割ったり、水をワインに変えたりという奇跡は行った形跡はなく、ただ、同類の人間を説き伏せることにより、自分と同レベルに引き上げようとしただけです。

究極の大人(おとな)とは
釈迦もダンプカーでど~んとはねれば死ぬ問題