ウィッチャー3:グリフィン流派ウィッチャー装備伝説級完成!

あとは染色で自分好みの色に…

いや~、正直最初にウィッチャー装備の初期段階を制作したときは、なんか見た目がショボくて萎えました。でも、段階的に強化していくうちに見栄えが良くなってきているのに気が付いて俄然やる気が出ました。

かっちょいいですね、中二心を刺激します。

セット効果が優秀!

ウィッチャー装備としてのセット効果がフルで受けられるので、今後はイャーデンで結界(罠)を張ってそこで敵と対峙するという戦法にしてみようかと思っています。

伝統空手が鉄拳に!

中達也先生かっこいい…

鉄拳とかストリートファイターとか格闘ゲームはいくつか所有しているんですが、なかなかハマる状態にならなくて…(韓国人のゲーム友達と対戦するためにアーケードスティックまで買ってあります…)

ウィッチャー3:ウィッチャー装備(グリフィン流派)

中装で、特徴として印が強化されます

グリフィン流派は中装です。グリフィン流派は何といっても猛烈に高い印力上昇が可能な流派です。これに尽きます。

印力以外の全ての特殊効果は他流派の方が強いです。ところが、この印力の上昇で得られるメリットが余りにも絶大であるため、印を主軸に戦闘を進めるスタイルの方にとっては、グリフィン流派が文句なしの最強装備となってきます。

こまちゃんの宝箱 ウィッチャー装備 グリフィン流派

ウィッチャー装備は強化していくと性能とともに見た目も変化していくのがプレイするうえでの楽しみです。上記の画像は最高級にまで強化したものです。次は伝説級へと強化することでセット効果も発動して、強化完了となります。

印が連続使用可能になるのはイイですね~

ウィッチャー3プレイ合計560時間突破!

わたしとしてはSkyrim, ダークソウル3にならぶプレイ時間です

何周目かのプレイをしておりますウィッチャー3です。

こんかいはアビリティポイントを印(ウィッチャー用の簡易魔法)に特化して振っております(イグニで敵群をヴボ~と燃やすのサイコー!)。

そのうち冒険で便利な霊薬の紹介記事なんかを書きたいと思っております。

これは安いでしょう~

Steamでは、今月の6日までセール中で-80%の1,117円とは安い!! グラフィックとかたぶん他の似たような最新作(アサシンクリード・ヴァルハラとか)と比べても遜色ないと思うのでオススメです!

掛け算九九の9の段のナゾ

Youtube動画で鑑賞したのですが、元ネタの動画を見失ってしまいました。

9 × 1 = 9

9 × 2 = 18 (1 + 8 = 9)

9 × 3 = 27 (2 + 7 = 9)

9 × 4 = 36 (3 + 6 = 9)

9 × 5 = 45 (4 + 5 = 9)

9 × 6 = 54 (5 + 4 = 9)

9 × 7 = 63 (6 + 3 = 9)

9 × 8 = 72 (7 + 2 = 9)

9 × 9 = 81 (8 + 1 = 9)

9 × 10 = 90 (9 + 0 = 9)

と、掛け算の九九で9の段の答えの各ケタの数を足すと9になるというものです。

で、面白いと思って考えてみると…

9 × 2 = 9 + 9 = (9 + 1) + 8

9 × 3 = 9 + 9 + 9 = (9 + 1) + (9 + 1) + 7

9 × 4 = 9 + 9 + 9 + 9 = (9 + 1) + (9 + 1) + (9 + 1) + 6

というカラクリだったという…

√(2^8 + 2^11 + 2^n)が整数となる自然数 n をもとめよ

PASSLABO in 東大医学部発「朝10分」の受験勉強cafeさんの動画です

$$\sqrt{2^8 + 2^{11} + 2^n}$$

が整数となる自然数 n を求めよ。


わたしが真っ先に頭に浮かんだのは…

$$\begin{eqnarray} \sqrt{2^8 + 2^{11} + 2^n} &=& \sqrt{2^8(1 + 2^3 + 2^{n-8})} \\ &=& 2^4\sqrt{1 + 2^3 + 2^{n-8}} \\ &=& 16\sqrt{9 + 2^{n-8}} \\ \end{eqnarray}$$

です。で、9 + 2^(n-8) = 25 だったらつごうがいいな…おっと、n = 12 でうまくいきそう…とあたりをつけておいて…


$$\sqrt{2^8 + 2^{11} + 2^n} = k とする。(kは正の整数) \\ 2^8 + 2^{11} + 2^n = k^2 \\ 2^n = k^2 – 2^8 – 2^{11} \\ 2^n = k^2 – 2^8(1 + 2^3) \\ 2^n = k^2 – 16^2・3^2 \\ 2^n = (k – 48)(k + 48) \\ $$

ふぅ~…と 2^n の因数分解的な意味での”構造”がすこし見えてきました。

野生の勘ですが、2^n で n が2の累乗の指数の位置にあるので、右辺もそんな感じで考えてみると…(初見ではコレを思いつかなかったです)

$$2^s = k – 48 \\ 2^t = k + 48とする。\\ s, t は 0 以上の整数とする。\\ 当然、s < t で s + t = n \\ すると…\\ 2^s + 48 = k \\ 2^t – 48 = k \\ から\\ 2^t – 2^s = 96 \\ 96の構造を素因数分解で確かめて… \\ 2^t – 2^s = 2^5・3 \\ 変数が s と t の2つあって、等式(方程式)が1つしかないので、\\ なんらかの構造(因数分解)的な性質を使うほかないと… \\ 2^s(2^{t-s} – 1) = 2^5・3 \\ ここで、2^{t-s}-1 は奇数なので… \\ 2^{t-s} – 1 = 3 \\ すると、2^s = 2^5 つまり、s = 5 そして t = 7 \\ よって n = s + t = 12\\ $$

x^4 + 10x^3 + 25x^2 – 36を因数分解せよ

数学を数楽にチャンネルの動画です

$$x^4 + 10x^3 + 25x^2 – 36$$

を因数分解せよ。


因数分解になれてくると、上記の数式をひとめ見れば次のように見えるようになります。

$$x^4 + (2 × 5)x^3 + 5^{2}x^2 – 6^2$$

そして…

$$x^2{x^2 + (2 × 5)x + 5^2} – 6^2$$

とすすんでいくと。

伝説のスナイパーであるシモ・ヘイヘさんも狙撃の秘訣を尋ねられて、「練習だ」といったらしいですが、まさに練習あるのみ…

カージオイドが二回転しているように見える問題

カージオイド: cardioid)は、極座標の方程式 r = a(1 + cosθ))によって表される曲線である。心臓形(しんぞうけい)とも呼ばれる。心臓に似た形のためこの名称が付いた(ギリシア語: καρδιοειδής, kardioeides) =「καρδιά (kardia, 心臓)」 + 「είδος (eidos, 形)」)。

Wikipedia カージオイド

カージオイド

カージオイドって高校数学Ⅲで習うらしいですが、恥ずかしながら、わたしは初めて知りました。

で、外側を回っている円ですが、なんとなく中心の円を一周するあいだに2回転して見えるなと。(実際そう断言しているYoutube数学クイズ動画を見て、なんかヘンだなと思って調べました)

実際は、上記画像(Wikipediaからパクりました)でも明らかなように、外側の円の円周の一点の軌跡を表す赤い線(カージオイド)が中心の円に接するのは一度です。つまり一回転しているだけと。