峯島雄治のCommon Lispページ

[English]

Common Lisp 開発支援パッケージ


cl-lookup.el

Emacsからキーワードを指定してCommon Lispに関連した文書を表示するコマンド `cl-lookup'を提供します。

次のような設定により、どのような種類の項目を登録するかを指定します。

      (setq cl-lookup-categories
      '(:hyperspec-index           ; e.g. "", "spec" "CLHS"
        :hyperspec-chapters        ; e.g. [index], [syntax]
        :format-control-characters ; e.g. "~C: Character", "~%: Newline"
        :reader-macro-characters   ; e.g. "(", "#'", "#b", "#+"
        :loop                      ; e.g. loop:with, loop:collect
        :arguments                 ; e.g. :test, :key, :eof-error-p
        :concepts                  ; e.g. "lambda lists:", "character names:"
        "cl-lookup-glossary"       ; e.g. {absolute}, {binding}
        "cl-lookup-mop"            ; e.g. add-dependent, ensure-class

        ;; implementation specific categories
        ;; "cl-lookup-clisp"          ; e.g. ext:cd

        ;; library categories
        "cl-lookup-ppcre"          ; e.g. cl-ppcre:parse-tree-synonym
        ))
      


cldoc.el

Emacsのエコーエリアに、現在ポイントがある関数や変数の情報(関数のパラメータや返り値、変数の値など)を自動的に表示します。Common Lispの標準関数、マクロ、スペシャルオペレータの情報をデータベースとして持っています。2012/08/01現在、SLIMEのautodocモードと干渉しあうようです。いずれ直す予定です


Sacla project

Common Lisp で Common Lisp を実装。停止中です。


[Top page]
峯島雄治 ggb01164@nifty.ne.jp

yuji_minejima on Twitter