堀りにはなんかある!

私の誇る採掘キャラクターたちは、オルカキャラ1+フレイターキャラ1+堀キャラ4という構成です。それぞれのキャラクターがもうすぐそれぞれの役割のスキルがMAX OUT状態になります。

採掘には、いろいろな思い出があって、初めてレトリーバーに乗れるようになってその儲かり方がその頃にしては尋常ではない金額だったので衝撃をうけたこととか…(掘りに関してはそれは最大、最後の衝撃だったのがなんともかんとも)

NACHOアライアンスで初めて参加したイベントが単に掘るというだけのものだったのにもかかわらず非常に楽しかったこととか、オルカを見て「いつかあれを自分が飛ばすんだ!」と思ったり、オルカって平べったいなと思ったり、前回の堀りイベントでのアキラさんの採掘船にECMをくらわせてアキラさんが「あれ~、なんか僕、掘れない~」というカガヤキ伝説を聞いて腹をかかえて笑ったこととか… なにもかもがなつかしい…

と、ノスタルジーにひたっている場合じゃない懐具合なので掘らなきゃならないんですが、

ぶっちゃけ、実際掘ってるときって、退屈だよね(あ、いっちゃった。

気をとりなおして、どんだけ儲かるかって話をすると、最近のアップデートでアイス掘りが若干まずくなりましたが、以前は、我がNACHOアライアンスが誇る頭脳、諸葛孔明、You(ヨウ)さんが、アイス掘りフリートを10数アカウントで展開して、一晩に1ビリオン前後稼いでいたという伝説があります。

そこまでいかなくても、なんか金に困った人がいたら私は「とりあえず堀りなはれ」とアドバイスしています。

だらだら、掘りに関することを書いてますが、あえてこのまま進めます

私の現在のフリート編成は、ステーションの無い恒星系での掘りを想定したものです。掘り子が掘って、カーゴがたまってきたらJettisonでポイっ!それをオルカが長射程のトラクタービームで自分のところまでもってきて、フレイターキャラがゲッツ!だいたいフレイターが満杯になったらそこらへんで終了~。そういうだんどりです。

まだまだ掘りについて加筆します。熱意だけはあって行動がともなわないのがいかにも残念。掘りしよう!と思ったらWar Decかよっ!!!

あと、Eve Onlineで「よしっ、俺は掘りを究めよう!」と思ってしまう人も少なからずいらっしゃると思いますが、私としては「掘りだけに専念するのは非常に危険な気がします。Eveをやめてしまうという意味で」というアドバイスをすることにしています。掘りだけでオルカを買うまでプレイして、そこで(たぶん)燃え尽きてEveを去って行ってしまった(と思われる)方たちを何人か知っているからです。

NACHO Alliance (ナチョ・アライアンス)

私がEve OnlineというネットゲームのNACHO Alliance (ナチョ・アライアンス)に入ってもう一年がたちました。このアライアンスに入ったからこそ、Eveをこれだけ楽しめている今の自分がいると自信を持って言えます。

ナチョには、さまざまな人が在籍しています。年齢層も幅広く10代~50代。職業は無職、家事手伝い、病気療養中、学生、アルバイト、塾講師、会社員、会社経営者、地方公務員、将棋の駒職人、船乗り、保育士、ゲーム開発者、文筆業、漫画家、グラフィック関連などです。また、日本語を話せることが入社条件の1つですが、そのほかにも韓国語、英語などを話す人がいます。日本人が多いですが他の国の方もすこしいます。

ゲーム歴が濃い人が多く、どんなマイナーなゲームでもかならず一人はプレイしたことがある人がナチョにいるのではないかと思います。

また、ボイスチャットを使っての交流が盛んです。

メンバー同士でプレイするゲームもEve Onlineだけに限らず、いままでナチョで流行ったゲームを挙げると、Star Craft I, Minecraft, League of Legendsなどなどいろいろあります。

ナチョの代表者であるKing Akiraさんは、日本語が非常にうまいアメリカ人で、いままでアキラさんと話して、”この人、外国の人かな”と思った人はいないのではないでしょうか。アキラおもしろエピソードの一つは、

アキラさん:”僕はアメリカに住んでいます。”
新入社員の方:”アメリカに住んで長いんですか?”
アキラさん:”30年以上住んでますね。”
私:爆笑

アキラさんは、自他共に認めるナチョのマスコットです。人を捉えて離さない人間的な魅力のある人です。また、YouTubeでEve Onlineを検索すると出てくるEveレッスン動画の作者としてもアキラさんは有名です。

NACHOアライアンスには初心者受け入れ用の会社があるので、Eve Onlineをプレイしようと思ったら、入社を考えてみてください。ゲームの性格上、過保護といえるほど初心者を守るということはしませんが、メンバーはみな丁寧にいろいろなことを教えてくれるでしょう。初心者のための採掘システムである石ステム(いしすてむ : 命名ハクセン)はナチョの売りの一つです。もちろん中級やベテランプレイヤーも歓迎します。ワームホール会社、PvP会社、PvE会社、DUST514会社など色々な会社があなたを待っています。またナチョのNULLへの進出を個人的に模索しているメンバーもいます。

入社希望者は、Eve内のチャットチャンネル"Nacho Public"へお越しいただいて、"念仏のブログを見て来た"とお伝えください。日本語でOKです。

女性はいまのところ自称”女子中学3年生”を除いていませんが、歓迎します。すてきな出会いがあるかもしれませんよ。アライアンスメンバーの7歳になる娘さん(カルダリのスコーピオン好き)が加入を表明しています。次期マスコット候補です 🙂

やる気スイッチスクールIE

地元の個別指導塾やる気スイッチスクールIEで講師として働くことになりました。

いまは、契約が済んで生徒さん待ちの状態です。基本的に特定の生徒さんには特定の講師がずっと指導にあたるという仕組みのため、一年の途中であるいまは、飛び入りの生徒さんが来てくれるのを待っている状態だと思います。

講師としての採用試験で高校受験程度のテストを国語、英語、数学と受けました。私の感触では、国語90点、英語95点、数学30点くらいでした。室長もおっしゃっていましたが、数学は忘れてしまっていますね。プログラミングには数学はあまり使わないのです。が、Lispの偉い先生である、竹内郁雄先生によると、プログラマーも数学に精通していないといずれ行き詰るそうです。

私は英語を20代のころから細く長く勉強してきたこともあり、自信があるていどあるのですが、数学は復習したいしたいと思いながら、あまりできずにいました。また国語はなぜか理系にもかかわらず、高校時代数学より成績が良かったという倒錯した理系でありました。

守秘義務などもあり、あまり具体的なことはかけませんが、自分の活動記録としてこのブログに経過報告できれば楽しいなと思っております。